おばけファクトリー(こうじょう) (旺文社創作童話)

  • 旺文社
3.82
  • (3)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (47ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784010691700

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まち外れのおかの上の古びた工場のあとにひとりの学者がすんでいて、はかせが食べ物を大きくする研究をして、やっと完成して、ハンバーガーを1つ入れて見ると、そこにはハンバーガーがでてくるはずが、白いけむりが出てきて、それはおばけだったのです。なんで大きいハンバーガーがでてくるはずなのに、おばけが出てくるのかふしぎでした。

  • 題名と表紙からは、「(マッド)サイエンティストの博士とかが出てきてお化けを作るとか…?」などと想像したのですが、ややテイストが違っていて、ほんわかするエンディングでした。

  • 図書館でかりました。
    低学年用の棚にありましたが、ほとんど絵本です。

  • ムスコのおばけ好きは、まだまだ止まりません。
    ラストが「え〜!?」でした。

  • これは絵といいお話といいケッサクに面白い。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1951年奈良県生まれ。おもな絵本に『ワニくんのおおきなあし』(第1回ニッサン童話と絵本のグランプリ絵本大賞)ほかワニくんシリーズ、『チョコレートをたべたさかな』『ずぶろく園』『おくりもの』、さし絵を手がけた本に『ひらがなだいぼうけん』(第19回椋鳩十児童文学賞)『ドレミファどうぶつコンサート』などがある。

「2018年 『ほんのにわ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

みやざきひろかずの作品

ツイートする