おばけファクトリー(こうじょう) (旺文社創作童話)

  • 旺文社
3.85
  • (4)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 55
感想 : 7
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (47ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784010691700

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • これは良い。最後までしっかり良い。ハンバーガー最後どうなったんだろ

  • たしか私か弟が幼いころに読んでいた絵本。
    ハンバーガーを大量につくる機械を発明したはずだったが、なぜか煙がもくもくとでてきておばけになってしまった!
    けれども一緒に過ごしていくうちに仲良くなり、また町の人たちもペットよりおばけと暮らしたがるようになって、博士はおばけファクトリーとして日々たくさんのおばけを生み出すようになった。
    ところがある日、機械からでてきたのはおばけの王様で……。
    ラストはまさかの!?という展開で、娘に読み聞かせながら私もちょっとドキッとしちゃいました。ブラックユーモアが効いていておもしろかった。
    いろいろな姿のおばけがたくさんでてきて、おばけ好きの娘たちは喜んでました。

  • まち外れのおかの上の古びた工場のあとにひとりの学者がすんでいて、はかせが食べ物を大きくする研究をして、やっと完成して、ハンバーガーを1つ入れて見ると、そこにはハンバーガーがでてくるはずが、白いけむりが出てきて、それはおばけだったのです。なんで大きいハンバーガーがでてくるはずなのに、おばけが出てくるのかふしぎでした。

  • 題名と表紙からは、「(マッド)サイエンティストの博士とかが出てきてお化けを作るとか…?」などと想像したのですが、ややテイストが違っていて、ほんわかするエンディングでした。

  • 図書館でかりました。
    低学年用の棚にありましたが、ほとんど絵本です。

  • ムスコのおばけ好きは、まだまだ止まりません。
    ラストが「え〜!?」でした。

  • これは絵といいお話といいケッサクに面白い。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

北海道教育大学を卒業後、大阪のデザイン事務所でデザインやイラストレーションを担当。その後、独立するとともに絵本の制作を始める。1984年『ワニくんのおおきなあし』が「第1回ニッサン童話と絵本のグランプリ絵本大賞」を受賞。主な作品に『ワニくんのめざましどけい』『ぼく、どこにでもいるカバです』『チョコレートをたべたさかな』などがある。

「1998年 『楽しもう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

みやざきひろかずの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×