7月31日のゆうれい (旺文社創作児童文学)

著者 : 立原えりか
制作 : 細江 可奈 
  • 旺文社 (1989年3月発売)
3.13
  • (0)
  • (1)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (151ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784010695005

7月31日のゆうれい (旺文社創作児童文学)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 死んだおばあちゃんの荷物を整理していたら、小学校のトイレに幽霊が出るという書き付けが残っていた。
    気になったみのりは友達と一緒になって幽霊の正体を突き止める。


    立原えりかなので読んでみた。
    少しずつ謎が解けていくわくわくした感じはあるものの最後は戦争の悲惨さを訴えたものだった。
    ほんわかとした話を期待していたので読後は気が重かった。

    ところどころ地の文で作者が読者に向けて道徳を説いているところは最近の本では少なくなっているので、読んでためになるものだと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

7月31日のゆうれい (旺文社創作児童文学)のその他の作品

7月31日のゆうれい オンデマンド (ペーパーバック) 7月31日のゆうれい 立原えりか

立原えりかの作品

7月31日のゆうれい (旺文社創作児童文学)はこんな本です

7月31日のゆうれい (旺文社創作児童文学)を本棚に登録しているひと

ツイートする