おまけのオバケはおっチョコちょい (旺文社創作児童文学)

著者 : 深山さくら
制作 : 大和田 美鈴 
  • 旺文社 (2003年4月発売)
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 10人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784010695654

おまけのオバケはおっチョコちょい (旺文社創作児童文学)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おまけのはこから出てきたオバケがなんでもしてくれるけど、とてもおっちょこちょいでおもしろい。ぜひ、よんでみてください。

  • チョコのおまけにオバケがついていて、そのオバケが家事をすると、コウタ(主人公の男の子)に迷惑をかけてしまうお話。

    私はなぜチョコのおまけにオバケが入っていたのかということが、不思議に思いました。

    おもしろかったところは、オバケが自分がオバケなのに、オバケやゆうれいが苦手というところです。

    さいごにオバケが消えちゃうところが悲しかったです。

全2件中 1 - 2件を表示

おまけのオバケはおっチョコちょい (旺文社創作児童文学)のその他の作品

おまけのオバケはおっチョコちょい オンデマンド (ペーパーバック) おまけのオバケはおっチョコちょい 深山さくら

深山さくらの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

おまけのオバケはおっチョコちょい (旺文社創作児童文学)はこんな本です

おまけのオバケはおっチョコちょい (旺文社創作児童文学)を本棚に登録しているひと

ツイートする