覚醒せよ、日本人ストライカーたち 日本は本当にフォワード不毛の地なのか

  • 14人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 戸塚啓
  • 朝日新聞出版 (2010年9月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784021902147

覚醒せよ、日本人ストライカーたち 日本は本当にフォワード不毛の地なのかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ☆☆$$読み途中だが、なかなか面白い。$$やはりストライカー論議は常に気になる。

  • 戸塚さんのコラムはほどよく読みやすくい。そんな彼の本は初めて読んだ、かな?
    「Jリーグが外人FWを少なくすること」
    「けれど、その外人FWによって日本人のDFは恵まれた環境にいる」
    という2点には同意する。
    が、春秋制から秋春制への移行はいただけない。
    そりゃあ、「日本代表を強くする」だけの点に絞っていえば、正論かもしれない。
    それなら、最初から北国の地方にJリ-グを作るな、と言いたい。
    サッカー評論家が、ただその点だけについて、言いっぱなしなのが逆にうらやましいくらいだ。

  • 日本から世界的フォワードが生まれづらいのは、背が小さいからでも農耕民族だからでも、豊かで闘争心が足りないからでも縦社会だからでもない。

    世界中のプレイヤー、監督、コーチへのインタビュー、試合のデータ分析から著者が描き出し明らかにしてゆくトップクラスのストライカーの姿に感心した。

    どんなエリアからどんなシュートでゴールは生まれるのか、ゴールの70%がペナルティエリアのワンタッチシュート、どんな練習をしているのか、オフザボールでどんなプレーをしているのか、どんな気持ちでプレーしているのか、失敗したとき不調のときどう考えるのか・・・

全4件中 1 - 4件を表示

戸塚啓の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

覚醒せよ、日本人ストライカーたち 日本は本当にフォワード不毛の地なのかはこんな本です

覚醒せよ、日本人ストライカーたち 日本は本当にフォワード不毛の地なのかを本棚に登録しているひと

ツイートする