風間塾 サッカーを進化させる「非常識」論

著者 :
  • 朝日新聞出版
2.94
  • (1)
  • (2)
  • (10)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 76
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784021902284

作品紹介・あらすじ

非常識であることを恐れるな。-固定概念を払拭する8つの非常識。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 数的優位を作ることがディフェンスではない
    サッカーは望んだ分だけうまくなる
    教えるというより気づかせる

  • 図書館

  • なぜ、なでしこが強いのかという問いがプライド高い男に響くか?これが問題だ。

  • こういう反骨心、独自の哲学、観察眼は必要だ。

  • 風間八広さん。

    すぽるとのマンデーフットボールを知っている人なら見たことはあるであろう、現フロンターレ監督。

    この書籍では、どうしてあのチームは強いのか、なんでこのチームは弱いのか。どうしたら強くなれるのか。それを風間さん曰わく、「非常識」な考え方で、紐解いていく内容となっている。

    この本を読んで印象的だったのが、バルセロナでのメッシ選手と、アルゼンチン代表のメッシ選手の差。
    バルセロナでは全てのタイトルを獲得しているメッシ選手が、なぜ代表ではくすぶっているのか。
    しかし、それはメッシ選手だけなのか?日本にも、そんな選手はいなかっただろうか。
    ドイツで輝かしい成果を得つつも、代表ではそれ程の、日本で今、最も注目を集めているプレイヤー、香川真司選手もまた、そんな選手と言えるのでは。

    そんな問題定義から、サッカーを独自の観点から考察していく内容で、やっひーファン、そしてサッカーファンなら、読んでいると、随所に感心してしまう、内容だった。

  • 小さな出版社なのか近所の書店に入荷せず、ネットで取り寄せました。発行していた有料メルマガが本になった、ということで期待して購入しました。おもしろかったけど、加筆修正していないのか、まとまりがなく、読みにくい印象でした。そこが残念。

  • 川崎フロンターレの風間監督が書いた本。サッカーに対する思いが込められてます。語り口は非常におだやかですが、その中にはサッカーへの思い、指導者・選手に対する熱意があり、あっという間に読んでしまいました。
    監督としての視点はもちろん、1コーチとしての視点、元選手としての視点、解説者としての視点、と様々な角度から考察していて説得力があります。とくに、日本の学校教育でのサッカーと海外のジュニアクラブでのサッカーについての比較はおもしろかったです。

  • 組織の中で個を活かすには?

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1961年10月16日、静岡県生まれ。清水商業高校時代に日本ユース代表として79年のワールドユースに出場。その後、筑波大学在学時に日本代表に選出される。大学卒業後の84年からドイツに渡り、レバークーゼンなどでプレー。89年にマツダ(現・サンフレッチェ広島)へ加入し、95年まで息の長い活躍を続けた。現役引退後は97年から2004年まで桐蔭横浜大学サッカー部を指揮し、清水地域を中心に小学生~高校生を集めた「清水スペシャルトレーニング」も主宰。筑波大学蹴球部、川崎フロンターレの監督を歴任し、2017年より名古屋グランパス監督に就任した。サッカースクール「トラウムトレーニング」の監修を務めるなど、選手の育成にも情熱を注いでいる。

「2019年 『30秒で子どもの未来は変わる!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

風間八宏の作品

ツイートする
×