眠れぬ夜の奇妙な話コミックス 星が原あおまんじゅうの森2 (ソノラマコミックス)

著者 :
  • 朝日新聞出版
4.22
  • (28)
  • (22)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 251
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022131652

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 教授が悪意に飲まれた姿は恐ろしかった、苔くんが生きていてホッとした。野分の存在はやはり怖い。

  • 岩岡さんの絵で「小さい男の子」を描かれると…無性にいじらしく思えるのは何故だろうか。絵柄のタッチ?だけで片付けられる話だろうか、否!!ボタンくんの話、教授(亀)と苔くんの話、人間の男の子・洋平くんが持っている小石くん、ミニマムサイズの子たちが可愛過ぎる。
    この作品の中には「誰かを必要としている」ものが描かれていて、失う事に怯えながら生きている。失った後の怖さも描かれている。失いたくない恐怖と、失った後の絶望の怖さが。

  • 2

  • こけくん!

  • 優しい中にも暗さや悲しさが同居する寓話的なお話。教授と苔くんの話にしんみり。

  • キャラかわいいのにいきなり話怖くなるギャップが相変わらずすごい。
    鈴さんの過去とケヤキの繋がりとって少しずつ繋がっていくのが楽しい。まだまだわからないことだらけなのでこの先も楽しみ。

  • 実はダークってとこが好き。
    ファンタジーは暗部がないとね。
    続きキニナル。

  • 2011 夏

  • 苔くんがかわいすぎて。

  •  1巻に引き続きとても不思議でちょっと怖い物語でした。鈴さんの話はこの巻のなかでもとくに好きな話、種からしたら訳もわからず土に埋められて自分がどうなるかもわからず、ただ土から出るのをじっと待つって考えてみるとすごい不安になることなんですね、そういうことを描けるこの作品は岩岡先生にホントに合っていますね。
     亀と苔の話も科子や野分、蒼一とうまくリンクしていてうまい話だなぁと思いました。

全13件中 1 - 10件を表示

眠れぬ夜の奇妙な話コミックス 星が原あおまんじゅうの森2 (ソノラマコミックス)のその他の作品

岩岡ヒサエの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
岩岡 ヒサエ
有効な右矢印 無効な右矢印

眠れぬ夜の奇妙な話コミックス 星が原あおまんじゅうの森2 (ソノラマコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする