眠れぬ夜の奇妙な話コミックス 綺譚倶楽部 その壱 (ソノラマコミックス)

著者 :
  • 朝日新聞出版
4.25
  • (6)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022131676

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小介・雅夢のコンビ復活!
    待ちに待った久々の単行本!!

  • とても懐かしい、だけど新作。
    以前の血腥さは少し和らいでる。こういうのも好きです。
    百黒さんとおばあさんの話とか、ちょっとほわっとする(が、怖い)話とか好きです。

    あと、雅夢が可愛く見えるとか、どうした?

  • 新作読めると思ってなかったので吃驚。嬉しいけれど、絵も内容も少しパワーダウンした気がする。勿論、好きな漫画である事には変わりないのだけれどね。

  • ”おどろおどろしいコミック”が読みたいな~と思っていたとき時に(笑)、本作品が発刊されていることを知って購読しました。

    既にコミック全6巻(文庫版全4巻)が発行されているシリーズの続編という事は後から知ったので、今回全くの初見でしたが、期待どおりの妖しさ・麗しさ、大正デカダンス(退廃主義)の世界感にとても満足です。

    第壱話で”久我”というメインキャラクターの1人が初めて登場した時は『この人要るの?』と思いましたが(爆)、次章・次々章読み進めていくうちにすっかり魅力的になりました。彼がナニモノなのかとても気になります。

    ストーリーには以前どこかで読んだ事のあるようなテーマもありましたが、決して興醒めにはならず、『魅せてくれるなー』と感じました。

    次回作および過去作品も読みたいと思います。

全5件中 1 - 5件を表示

眠れぬ夜の奇妙な話コミックス 綺譚倶楽部 その壱 (ソノラマコミックス)のその他の作品

JETの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする