恐るべき旅路―火星探査機「のぞみ」のたどった12年

著者 :
  • 朝日新聞出版
4.00
  • (3)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (438ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022138095

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • のぞみの運用記録。
    何年かかってでも本気でのぞみを火星に届けようとしていたことが伝わってくる。

  •  1996年に打上げが予定されていた火星探査機「のぞみ」。
     ロケットの開発遅延で打上げは2年延期され、さらに打上げ後の軌道変更時のトラブルで火星到着は5年先延ばし。そして予定外の長期間飛行中の機器故障で、火星には到達したものの、2003年12月に火星周回軌道への投入断念。

     ギリギリの設計を強いられる中で内包していたトラブルの芽。そして度重なる不具合の発生と、火星到達を目指して最後の最後まで戦い続ける運用者たち。
     探査機の設計・開発から運用終了に至るまでの12年。日本で惑星探査が語られ始めた1970年にさかのぼれば30年近く。関係者へのインタビューを丁寧に重ね、失敗に至る過程をつぶさに解き明かすことで、日本の宇宙開発の歴史と課題、そして予算も時間も限られた中で奮闘する科学者と技術者の有り様を描きだします。
     当初の想定を超えて「のぞみ」を火星に届かせる関係者の努力は涙なくして読めません。一言で語られる「失敗」の意味を改めて考えさせられます。

     願わくば、この経験が、次代次々代の惑星探査に活かされることを。実際「のぞみ」で培った経験が、これまた山のようなトラブルを乗り越えて地球へ帰還する「はやぶさ」に活かされているのですが、それはまた別の話。
     とにかく読んでほしい良書です。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1962年生まれ。慶應義塾大学工学部機械工学科卒業。慶應義塾大学大学院メディア・政策研究科修了。日経BP社記者を経て、航空・宇宙関係を専門とするノンフィクション・ライターとして活躍。『恐るべき旅路 -火星探査機「のぞみ」のたどった12年』『国産ロケットはなぜ墜ちるのか』など著作多数

「2014年 『はやぶさ2の真実 どうなる日本の宇宙探査』 で使われていた紹介文から引用しています。」

恐るべき旅路―火星探査機「のぞみ」のたどった12年のその他の作品

恐るべき旅路 -火星探査機「のぞみ」のたどった12年- 単行本(ソフトカバー) 恐るべき旅路 -火星探査機「のぞみ」のたどった12年- 松浦晋也

松浦晋也の作品

ツイートする