河童千一夜 (シリーズ昭和の名作マンガ)

著者 : 水木しげる
  • 朝日新聞出版 (2008年6月20日発売)
4.50
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :10
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (361ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022140012

河童千一夜 (シリーズ昭和の名作マンガ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本当に河童って「いたんだろうな」とか「いればいいのに」と思わせる作品。
    漫画の形で水木しげるの作品をあまり見る機会がなかったんで新鮮でした。
    どろっとした沼の雰囲気とか、池、川の水の感じが。
    ところで、水木しげるって最初の頃少女漫画をやってたって聞いていたんですが、女性あんまりうまくないですね。

  • 河童が人間から散々ひどい目に遭う。この本では、人間は自分のことしか考えない、お金儲けができればそれでいい、約束を守らない存在として描かれている。水木しげるの人間に対する不信感が詰まった作品集。

  • 水木しげる先生の河童作品が集まった最高の一冊。
    水木しげる先生のファンは必見、そうでない人も河童マニアなら必見です。
    河童の哀愁みちた人生が見事に描かれてます、もはや芸術!!

全3件中 1 - 3件を表示

河童千一夜 (シリーズ昭和の名作マンガ)のその他の作品

河童千一夜 (ちくま文庫) 文庫 河童千一夜 (ちくま文庫) 水木しげる

水木しげるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

河童千一夜 (シリーズ昭和の名作マンガ)はこんなマンガです

河童千一夜 (シリーズ昭和の名作マンガ)を本棚に登録しているひと

ツイートする