火の鳥 6・望郷編

著者 : 手塚治虫
  • 朝日新聞出版 (2009年7月21日発売)
4.28
  • (19)
  • (5)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :104
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (417ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022140272

火の鳥 6・望郷編の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 牧村って???????

  • 1987年 読了

  • 途中まで読んで中断してしまったのを、20年ぶりにイチから読み返している本シリーズ。

    ついに、未読の作品に辿り着いた(笑)。

    さて、またもや壮大なストーリーですこと。

    ただ、人類の儚さ、命の儚さ、生命の誕生と滅亡との物語を、こう短期間に続けて読み進めてくると……いささか食傷気味に・・・。

    ※面白いけど。感動するけど。得るものが必ずあるけど。。。。疲れる。読むのにエネルギーを要する作品だ。

    ★3つ、7ポイント半。
    2016.10.31.借。

  • 時代を反映した古めかしいSFの世界観を反映したもの。地球を訊ねて宇宙旅行のあたりは冗長に感じたが、最後でやや不覚にも涙が。

  • 地球から飛び出し宇宙星で生きるロミ。ムーピーという生物の力を入れて一族をきずく。牧村登場。奇抜すぎて今までの巻で一番読むのに時間がかかった。

  • 角川版は大幅カットらしいので朝日ソノラマ版で読了。

    1976年~78年マンガ少年連載。
    間に二作品の未完を挟んで、ほぼ5年ぶりの続編。
    これまで以上に他作品とのリンクが多く楽しい。

    日本の神話や西洋の宗教感がそれとなく配置された創世記。
    こういう壮大な話を400ページやそこらで完結させてしまうあたりが凄い。
    実験的なコマ割りやギャグ表現も控えめで、読み易いのが好き。

  • 僕が初めて読んだ手塚治虫作品は、『火の鳥 異形編』でした。当時小学校低学年だった僕にとっては、『火の鳥』は怖い作品、そして大人の漫画として印象づけられ、その後、そのスケールの大きさに圧倒されながらも読み漁ったものです。

    日本人はなぜこんなに漫画が好きなのか、外国人の目には異様にうつるらしい。なぜ外国の人はこれまで漫画を読まずにいたのだろうか。答えの一つは、彼らの国に手塚治虫がいなかったからだ。

    1989年2月10日、手塚治虫が亡くなった翌日の朝日新聞・天声人語のこの一節を、彼のライフワークであった『火の鳥』を読み返すたびに思い出します。

全7件中 1 - 7件を表示

火の鳥 6・望郷編のその他の作品

手塚治虫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

火の鳥 6・望郷編に関連する談話室の質問

ツイートする