火の鳥 11(太陽編 下)

著者 :
  • 朝日新聞出版
4.25
  • (10)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :54
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022140326

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1987年 読了

  • 大傑作!
    仏教を政治の武器に統一をはかる朝廷(大海人皇子ら)を説得をする狼男。さながら妖怪戦争のよう。9巻異形編の八百比久尼が治した妖怪たちはこれか!光信仰で影(シャドウ)が虐げられる未来の物語も同時進行。
    火の鳥は、登場人物が高い壁によじ登るシーンが多くあるが、意図したものかはたまた作者のくせか…。

  • 火の鳥、読破。それぞれの物語の完成度がすごい!

  • 僕が初めて読んだ手塚治虫作品は、『火の鳥 異形編』でした。当時小学校低学年だった僕にとっては、『火の鳥』は怖い作品、そして大人の漫画として印象づけられ、その後、そのスケールの大きさに圧倒されながらも読み漁ったものです。

    日本人はなぜこんなに漫画が好きなのか、外国人の目には異様にうつるらしい。なぜ外国の人はこれまで漫画を読まずにいたのだろうか。答えの一つは、彼らの国に手塚治虫がいなかったからだ。

    1989年2月10日、手塚治虫が亡くなった翌日の朝日新聞・天声人語のこの一節を、彼のライフワークであった『火の鳥』を読み返すたびに思い出します。

全4件中 1 - 4件を表示

火の鳥 11(太陽編 下)のその他の作品

手塚治虫の作品

火の鳥 11(太陽編 下)はこんなマンガです

ツイートする