ベル デアボリカ 1 (ASAHIコミックス) (あさひコミックス)

著者 : 坂田靖子
  • 朝日新聞出版 (2010年6月4日発売)
4.40
  • (16)
  • (17)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :100
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022140425

ベル デアボリカ 1 (ASAHIコミックス) (あさひコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全4巻一気読み。久々に坂田さんの読んだけど、この方の画風は何年経っても変わらないな~。必要最低限の書き込みで最大限の表情を醸し出せる安定感。魔法使いヴァルカナルってツンデレだよねー。いつでもクールを気取ってるくせに、ツヴァスと関わる事で段々心の振り幅が大きくなっていく様が可愛かった^^ラストは急展開で急ぎ足だったので凄く寂しく思っていたら、別に後日譚があるんじゃないか~!買う!

  • オマケページの大胆さにびっくり。

  • 全4巻

  • めっちゃいい!

  • 坂田さんの本は初めて。
    独特の画面構成とマンガとは思えない文字の多さに最初は戸惑いましたが、慣れると小説で読み慣れているファンタジーと変わらない感覚。ファンタジーと一括りにしていても、小説とマンガとではまるで肌ざわりが違うのがほとんどなので、不思議な感じでした。
    まだ始まったばかりだけど、ヴァルカナルにいいように振り回されているツヴァスがなんか可愛い。ヴァルカナルは振り回しているつもりは全くないみたいだけど。

  • JUNEに短編を発表されていた頃の香りがします!がっつり表現ストレートよりドキドキします!
    さすがというべきか、このかすかな禁色の雰囲気というか、色にたとえると薄むらさき色というか。2巻が待ち遠しい。無垢な子供のような残酷さを持つ魔法使いと城主の物語。ヨーロッパのファンタジーを、まるでその時代の人のごとく自然に紡ぎだせる稀有な方。生きててよかった!

  • 坂田靖子の新作長篇ファンタジーで、しかもシリアスです。
    これだけで飯が何杯も食える!
    無骨な王ツヴァスと得体のしれない魔法使いヴァルカナルの組み合わせだけでも最高なのに、連載はまだまだ続くってんだから盆と正月が一緒にきたようなもんです。
    坂田さんらしい少女漫画テイストをしっかりいれているので、いくらでも深読みできる妖しさにもにやにやできる。
    Webコミックは苦手なんだけど、連載追っかけようかな。

  • 坂田作品を読むのは初めてなのですが、なんだかいろいろ衝撃でした。まさかのジュネ。あとツヴァスは人間出来過ぎです。面白かった。

  • 坂田靖子さんの新作。
    なんと、シリアス長編!
    続きが待ち遠しくて仕方がない。

  • 嬉しや、やっと読めた。Web上で連載していることは知っていたが、やはり本の状態で読みたかったから、ジーっと待っていた坂田靖子の新シリーズです。近隣国の脅威にさらされ陰謀渦巻く世界に生きる悩み多き若い王ツヴァスと、禁忌の存在である魔法使いヴァルナカルが出会い、物語は始まったばかり。ツヴァスは暖かさ(優しさ)と強さを併せ持つまっすぐな男というイメージか。一方ヴァルナカルは非情な魔法使いのくせして子どもっぽさもあり、これから二人がどうからんでいくのかとても楽しみ!著者自ら「シリアスですよ〜」と断っている剣と魔法の世界、しかも大長編になるらしい。・・・が、そこは、やっぱり坂田靖子ですから、ドタバタへらへらもちゃんとあります。これからどうなっていくのか楽しみなんで、ワクワクを残して、★★★★☆。

全15件中 1 - 10件を表示

ベル デアボリカ 1 (ASAHIコミックス) (あさひコミックス)のその他の作品

ベル デアボリカ 1巻 Kindle版 ベル デアボリカ 1巻 坂田靖子

坂田靖子の作品

ベル デアボリカ 1 (ASAHIコミックス) (あさひコミックス)はこんなマンガです

ツイートする