三蔵法師の大唐見聞録 第2巻 (あさひコミックス)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.69
  • (4)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 37
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022140890

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 玄奘西域記の続編の2巻目。
    主人公なのに何故か立ち位置は「従」なんだよねぇ。

    それはそうと、彼らの前には厄介な敵が多すぎる。
    「体力」だけが取り柄の三蔵法師さまはどう乗り切るのか?!

    そして意外な人の意外な側面が明らかになって、玄奘と同道することに。
    この二人、少々先が不安ですな。

  • 玄奘は暴れてる方がらしいんですがね。

    元僧の円測とこれからいいコンビになりそう。

  • 玄奘が写経の旅から帰ってからのお話。
    『玄奘西域記』の続編、第二巻。

    道士と僧侶の対立、政治、庶民の生活、周辺民族と唐との関係など、ベースはありつつも、前作の雰囲気を壊さず、展開していく。

    円測、則天武后も登場。
    宗教のこと、人間があるべき姿とは、などなど、諏訪作品で追及されてきたことも継承されている。玄奘のブラコンも健在(笑)。というか、兄との関係もテーマなのかもしれない。

  • 等身大な三蔵法師物語第2巻。ウッチがヒロイン枠におさまったちょっと異色な西遊記のその後。宗教ってなんだろな、という視点で読んでも面白い。

  • 2012/3/21 23:39

全5件中 1 - 5件を表示

三蔵法師の大唐見聞録 第2巻 (あさひコミックス)のその他の作品

諏訪緑の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする