新Petshop of Horrors 11 (朝日コミックス)

著者 : 秋乃茉莉
  • 朝日新聞出版 (2012年8月7日発売)
3.78
  • (3)
  • (8)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 61人登録
  • 7レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022141002

新Petshop of Horrors 11 (朝日コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一話完結のショートストーリー形式。頑張って続いてるなぁ。
    と、長年思っています。
    作者のネタ(知識)の豊富さに毎回楽しませてもらっています。
    古今東西のいろいろな動物がでてきて楽しい。ファンタジー好きなので。

    あと、今回はフェムト君がでてきました。
    作者の他の話のキャラクターですが、動物繋がりですかね。
    猫好きにはたまらない(笑)

    しかし、最近別に「ホラー」じゃなくなってるきがする。
    ああ、最初からかな。

  • 【デザイナーメモ】鵺に乗る主人公が表紙だが、「老子騎牛図」や「エウロパの誘拐」などの画題を踏まえているようにも思えて興味深い。前者ならば知恵、後者ならエロスがテーマということになる。服装はよく見るとチャイナではなくて和装だが、元禄風の派手好みが現代の感覚からするととてもエキゾチックに映る。レイアウトは基本的にイラストの色構成をそのまま敷衍した。ソデの文句「精気為物 遊魂為変」は易経繋辞伝。(カバー、表紙、帯を担当)

  • 11巻は、3話分収録。結構刊行ペースが速いですよね。WEB連載になってから、ちょっと刊行ペースが読めなくて、書店で見つけては買うという感じ。
    今回のエピソードは、大熊猫と件(くだん)と鵺(ぬえ)です。
     大熊猫が未出だったのは、ちょっと意外でした。可愛いイメージのパンダですが、D伯爵の店となると、とたんに怪しいキャラ(動物)になってしまいます。それでも可愛いですけど(笑)
    件(くだん)は、意外といい話でした。3話目の鵺は、ひさしぶりにフェムト君が登場です。すっかり太子のゲーム友達みたいですね~~。ネット上の世界でも、D伯爵にとってはもう一つの世界。リアルなお話にしあがっています。
    新宿での話は当分続きそうなので、続刊楽しみです。

  • ゆるキャラ!件。ネットゲー。

  • 新が付く前から読んでるシリーズ!(b^ー°)
    相変わらずの安定した話。
    話も時代の流れに沿ってるなぁ(笑)

    今宵もD伯爵があなたに合ったペットをご用意いたします。

  • 面白かった。フェムトも可愛い!

  • こんな可愛い件(くだん)初めて見た。件のイメージがなんで孫キャラになるのか、秋乃先生のインスピレーションは相変わらず摩訶不思議。そしてお約束の時事ネタはコンプ系携帯ゲーム。そうですよねー、あの手の商売はえげつないと思いますわ~。まぁ、利用者の良識次第だとも思いますけどねー。

全7件中 1 - 7件を表示

新Petshop of Horrors 11 (朝日コミックス)のその他の作品

新 Petshop of Horrors 11巻 Kindle版 新 Petshop of Horrors 11巻 秋乃茉莉

秋乃茉莉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

新Petshop of Horrors 11 (朝日コミックス)はこんなマンガです

ツイートする