うは「うどん会」のう (アサヒコミックス) (あさひコミックス)

著者 :
  • 朝日新聞出版
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022141064

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 墜落日誌でおなじみの寺島令子とゆかいな仲間たち=うどん会の面々がうどんをはじめいろんな食べ物を作りたい気分に従って作っては食う。豪快な肉分やうまそうなうどん分が多すぎるので絶対に夜中に読んではいけない。個人的に田中としひさ先生がいつの間にか夫の人ポジションになってたのが一番びっくりした。

  • うどんは最初だけで後はみんなで集まって美味しい物を作って食べようという話が続く、美味しそうなものをみんなで作って楽しく食べるってのは、ますます美味しくなってしまいますから、食が進みすぎて太るのは仕方ないですよね

  • 実は寺島令子にゾッコンです。大昔に読んだ「チルドレンプレイ」が可愛くて最高だったんですよ。。。

    朝日新聞出版のPR
    「うどん大好き漫画家寺島令子が「打ち立てのうどんが食べたい!」そんな些細なきっかけからうどんを生地から作ることに…!? しかしながら野望はそれだけでは終わらなかった!! 汗と涙と苦労が入りまじった何でも作るモノづくりコミック。」

  • 仲間が集まって、うどん、みそ、アンチョビ、ダッチ・オーブンでローストチキン、ソーセージ燻製、ドーナツ、アイスクリーム、モッツァレラチーズ、ラーメンの麺、パスタ、餃子等々を作っていて楽しそうだなー、美味しそーだなーと羨ましくなるマンガです。

  • 漫画家寺島令子のものづくり(主に料理)エッセイマンガ。細かい作り方は描いてないので、実用としては微妙だが、勢いでグイグイ読ませてくれる。読み終わる頃には、自分も友達と何か作りたくなることうけあい。

  • 寺島令子さんらしい、コミック。
    オンラインで見てたんですが、いつ更新されるかわからなかったので、全部押さえているわけでは無かったので単行本化はうれしい。
    墜落日誌の最後のほうでの活動がそのまま繋がっている感じ。
    相変わらず、興味のあることには足を突っ込み、懲りまくる寺島令子先生の持ち味が食べ物に出て大変なことになっていますが、行動力がうらやましいなあ。

    で、太りませんか>寺島先生。

    代表作の「うどんらんど」の題名の意味もわかってお得。

全6件中 1 - 6件を表示

うは「うどん会」のう (アサヒコミックス) (あさひコミックス)のその他の作品

うは「うどん会」のう Kindle版 うは「うどん会」のう 寺島令子

寺島令子の作品

ツイートする