伊藤潤二傑作集 9 墓標の町 (ASAHI COMICS)

著者 :
  • 朝日新聞出版
4.46
  • (7)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022141231

作品紹介・あらすじ

【芸術/コミック】「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)でも紹介されたホラーコミック界の鬼才が放つ恐怖名作集第9弾! 友人に会うために訪れた町ではそこかしこに墓が立っている。これはいったい……!? 表題作ほか全11作を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何作かは他の単行本で読んだことがあった作品だが、半分は初読。
    前作は本物のホラー漫画していて物足りなかったが、今回は大満足だった。
    『長い夢』『トンネル奇譚』が特に面白かった。

  • 長い夢、面白すぎるやろ。
    よくこんなん思いつくね。

  • 震えるほどおもしろい……あまりにおもしろくて感謝の念すら湧いてくる。「伊藤潤二傑作集」の中でも屈指の名作揃いではないだろうか。どの話も奇妙で不気味で、それでいて全く予想できない方向にどんどん話が展開していく。そのスリル感がもう堪らない。そしてジメッとした生理的な嫌悪感……最高だ

    この作家の描く女性は本当に綺麗だ。しなやかな身体のラインや端正な顔立ちはこの人にしか描けない女性本来の自然な美しさがあると思う。そしてその美しさと異形のものたちとのコントラストはまさに無類といえる

    「なめくじ少女」生理的な嫌悪感が凄まじかった。想像するだけでも気分が悪くなりそう。ヒトマイマイとも似てるけどこれは口の中に寄生しているというのがほんとに最悪

    「隣の窓」オチはかなり意表を突かれた。あのおばさんがどんどん這い寄ってくるのかと思いきや……まさか窓の方とは!!

    「ご先祖様」これもかなり気持ち悪かった……一体どんな風に話がつながるのかと思ったけど。ヒロインが不憫過ぎる話

    「長い夢」おぉー!!ってなった。これもやはりどんな風に話がつながるのか謎だったけど、予想の斜め上を吹っ飛んでいくオチだった。永遠の夢に散った男もすごかったけど、まさかそれが冒頭の少女につながるとは……果たしてあれは救いだったのか否か

    「銅像」オチがかなりユーモラスで笑ってしまった。おばさんが黒幕かと思いきや、自分が造らせた銅像にバカにされて身を投げるのがあまりにも滑稽。しかも最後にできたのは世界一美しい空洞……

    「白砂村血譚」すごくおもしろかったけど結局あの血管はなんだったのか気になる!!あの振動は心臓の鼓動で、村には血管が張り巡らせているってなんだそれ!!なんの血管だったの!?

    ……でも理屈も道理もホラー漫画には通用しないのだ。だからこそおもしろい。だからこそ私たちを惑わせ、惹きつけて止まないのだろう

  • 伊藤潤二はやっぱすごい。

全5件中 1 - 5件を表示

伊藤潤二傑作集 9 墓標の町 (ASAHI COMICS)のその他の作品

伊藤潤二の作品

ツイートする