瓜子姫の夜・シンデレラの朝 (Nemuki+コミックス)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.90
  • (5)
  • (28)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 127
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022141330

作品紹介・あらすじ

【芸術/コミック】古今東西の童話や民話を諸星流にアレンジした、魅惑的なブラック・メルヘン!! 『瓜子姫とアマンジャク』、『シンデレラの沓』、『見るなの座敷』、『悪魔の煤けた相棒』、『竹青』の5編を収録。諸星ファンにとっては絶対見逃せない一冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 既刊『トゥルーデおばさん』『スノウホワイト』補遺のような
    童話・民話系短編集だが、不条理さや残酷さは薄れていて、
    意外にほんわかした優しい感触が、何だか妙に嬉しい(笑)
    ブラックさが前面に押し出されていない点を、
    好意的に受け止めるか物足りなく感じるか、
    読者によって評価は分かれるだろうけど、
    個人的には結構満足……なのは何故かと考えるに、
    「見るなの座敷」以外の4編は、
    女の子が束縛から解放される過程が描かれていて、
    カタルシスが得られるからなのかも、と思った。
    ネタが被っても構わないので、諸星先生にはこれからも
    独自の「メルヘン」を追究していただきたいです。

  • 久しぶりの諸星大二郎。
    しかし、寡作過ぎるわ!

    予想どおり面白かった。

  • 『見るなの座敷』と『悪魔の煤けた相棒』は、なんか知らんけど、特に面白いと思はないけど、読む。
     グリムの『悪魔の何とか』は兄さんが本書参照な七年間を務めるだけでアレな作品だった。
     うーん。なんかー。

  • 和(日本)・華(中国)・蘭(西洋)の民話をモチーフに、諸星氏の自由なイマジネーションを掛け合わせた独創的な短編集。「和華蘭」(わからん)て言葉を初めて知った。

    ・瓜子姫とアマンジャク
     諸星氏の思い入れの強い瓜子姫ネタ。
     アマンジャクとの掛け合いが楽しい。
     瓜子姫のモーレツに一途な片思い…。
     「深海人魚姫」もそうだけれど、諸星氏は社会派で意地悪な展開の話を描くかと思えば、びっくりするほどロマンチックな時がある。
     
    ・シンデレラの沓
     ほのぼのとしていて、シュールで楽しい話。

    ・見るなの座敷
     「パプリカ」か「インセプション」のような、夢から醒めた夢。どこに現実がある?

    ・悪魔の煤けた相棒
     元になっている話を読んでみたくなる。

    ・竹青
     すごく面白いんだけど、本当は倍のページが欲しかったのではないかと思う。限られたページ内に何とか納めた窮屈感がある。

  • 諸星先生、久々の本当の新作の新刊♡しやわせ。

  • 妖しさと凄惨さと少年ぽさとが結晶化した、深くピュアなメルヘン。
    (帯には「ブラック・メルヘン」と銘打たれているが、ブラックではないだろう、アレンジされていることは確かだが。)
    氏が以前に刊行したグリムをもとにした作品群と多少似ているところもあるが、こちらの方が作品の持つ空気が明るくて哲学的で尚且つ良い意味で分かりやすい。
    私は前2作より今回の作品の方が好きだ。
    この世界観にずーっと浸っていたい気持ちになってしまう。

  • 20140105

  • どんな風に味付けされているか楽しみですね!

    朝日新聞出版のPR
    「古今東西の童話や民話を諸星流にアレンジした、魅惑的なブラック・メルヘン!!

    『瓜子姫とアマンジャク』、
    『シンデレラの沓』、
    『見るなの座敷』、
    『悪魔の煤けた相棒』、
    『竹青』の5編を収録。

    諸星ファンにとっては絶対見逃せない一冊です。」

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。『西遊妖猿伝』『妖怪ハンター』『栞と紙魚子』『マッドメン』『諸怪志異』『暗黒神話』『孔子暗黒伝』など、数多の作品で唯一無二の世界観を確立。2014年、第64回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。

「2018年 『諸星大二郎 <大増補新版>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

瓜子姫の夜・シンデレラの朝 (Nemuki+コミックス)のその他の作品

諸星大二郎の作品

瓜子姫の夜・シンデレラの朝 (Nemuki+コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする