雨柳堂夢咄 其ノ十五 (Nemuki+コミックス)

著者 : 波津彬子
  • 朝日新聞出版 (2014年10月7日発売)
4.00
  • (9)
  • (15)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :93
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022141606

作品紹介

【芸術生活/コミック劇画】骨董屋・雨柳堂に集まる、いわくつきの品々。それらに宿る"想い"をたどり、人の心の奥底に秘められたさまざまな物語を解き明かすのは、店主の孫息子・蓮。ロングセラーの大人気アンティーク・ロマンシリーズ、待望の最新刊!

雨柳堂夢咄 其ノ十五 (Nemuki+コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 少し不思議な話大好きです。100話おめでとうございます。もっともっとつづいてほしいな。

  • ものの物の怪たちの楽しい話。なんだかほっこりする。

  • クオリティが落ちてる。蓮も以前より俗っぽい感じになった。

  • 桜守、採蓮図、酌めども尽きず、福良雀、橋姫不在、梅雨入りの客、神かくし(ちょうど第百話)、

  • 確かにマンネリにはなってきているかな。『綺麗』な話が多くなってきた。橋姫みたいなドロッとしたものが少ない。まあ歳を取るとあっさり話も良くなるけれど1冊の本としては一寸物足りないなぁ。

  • 《不思議な出会いを通して心惑う者たちに、物言わぬ骨董が伝える想いとは……。店の入り口に大きな柳の木がある骨董屋『雨柳堂』を訪ねてごらん。不思議な”彼”がきっと、貴方がおさがしの『縁』を見つけてくれるよ…。》って本の帯に書いてあるけどその通りの本。
    1巻から買い続けて21年…
    もうそんなになるんだねぇ。
    これからも買い続ける予感。
    この世界観が好き+.(´∀`*).+
    ゆっくりと時が流れる感じ。
    この巻最終話でちょうど100話…ってことは
    私も100話も読んだ事に!(b^ー°)

  • この巻で、ついに百話‼︎
    今回は、どの咄も満足感いっぱいでした〜☆
    骨董品の描き方も、いつもながら美しい。

    表紙も毎回堪能するのですが、内表紙に、私の好きなカワセミが描かれているのが、もう感激でした♡

  • 20141012

    桜守
    採蓮図
    酌めども尽きず
    福良雀
    橋姫不在
    梅雨入りの客
    神かくし

    (あとがき)
    雨柳堂裏話
    日々平安

  • 安定感。慣れ親しんだ場所を訪れたような。

  • 安定した世界観で、読んでて安心します。

    今回は採蓮図の話、猩々の話、百合の話あたりがお気に入りかな。
    蓮さんは相変わらず落ち着きがあって、カッコいいなぁ。

全10件中 1 - 10件を表示

雨柳堂夢咄 其ノ十五 (Nemuki+コミックス)のその他の作品

雨柳堂夢咄 其ノ十五 (Nemuki+コミックス) オンデマンド (ペーパーバック) 雨柳堂夢咄 其ノ十五 (Nemuki+コミックス) 波津彬子

波津彬子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

雨柳堂夢咄 其ノ十五 (Nemuki+コミックス)はこんなマンガです

ツイートする