星が原あおまんじゅうの森 5 (Nemuki+コミックス)

著者 :
  • 朝日新聞出版
4.33
  • (12)
  • (8)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 84
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022141781

作品紹介・あらすじ

【芸術生活/コミック劇画】蒼一と風の精霊・科子との仲を阻む野分との最終決戦がいよいよ訪れる! 肥大する蒼一への憎悪から森に嵐を巻き起こす野分。最後までわかりあいたいと願う蒼一の思いは届くのか……? 感動ヒューマンファンタジーがついに完結!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 野分の寂しさを分かち合えた時、きっと全てのものが救われたんだと思う。素敵な物語でした、本当にありがとう。

  • 買い忘れててやっと読めた。良いおとぎ話だった。きっとこんな森がどこかにあるんだろうなぁ。

  • 何度読み返してもボロボロ泣いてしまいます。

    二人が帰ってきた森に待っててくれたのは精霊たちで、ボタンくんがここにいるのはきっとカラスくんはもういないからなんだろうな…とか、そんなことも考えてしまったりして。
    でも大好きなお母さんより森を選んで待ち続けたキイくんと会えてよかった。(めっちゃ長生き…)もう話は出来ないのかもしれないけど…

  • 森を守る一族の一人に生まれた男の子(蒼一)と、風(科子)の物語である。そもそも存在する次元が異なる二人。蒼一は科子が訪ねてくれるのを待つ、と言う事で人間界からはみ出してしまう。科子も蒼一に会いたいと思ってしまった為に同族である野分の孤独に気付かなかった。
    岩岡ヒサエ作品は絵柄のタッチの印象が強く、ほんわかしたファンタジー色だけで語られている様に見えるが、反対に絵のシンプルな丁寧さに呼応し、エゴがむき出しのまま描かれている。独善的な想いが「在り」、それが誰かと関わる事、原色(他に冒されてないそのまんまの姿)に「白)が混じってパステルカラーになる、その時に優しさや癒しやほんわかしたものが生まれるが、それまでは原色に原色を塗り固めたり、原色に黒が混じってひたすら黒に近付いて行く…そう言う怖さも描かれている。
    一口に言ってしまうと、ファンタジーおとぎ話だ。想いが全て尊い訳ではなく、時に悪いものを呼び寄せてしまう事もある。蒼一と科子が互いを離れがたいモノと思い続けた為に言霊のように何かが宿り、森に凝縮させてしまったとも取れる。しかし最後に蒼一はその自分の想いよりも自分と同じ様に孤独を抱えて凝り固まっていたモノに寄り添う事を選んだ。だからこそ、何の効力もなかったスタンプカードにも想いが宿っていたのだ。
    想う事は怖さもはらんでいる。だが、想い続ける事で叶う事もある…

  • 鮮やかな緑の表紙に魅かれて手に取ったこのシリーズもついに完結。

    野分の悲しみをどうにかしてあげてほしい。でも科子さんは森で蒼一さんと幸せになってほしい。ていうかもう、みんなに幸せになってほしい!
    読む前に予想してた形ではなかったけれど、岩岡先生はその願いを見事に叶えて下さいました。

    どうかいつまでも、あの森の風が止みませんように…。
    次回作にも期待しています!

全5件中 1 - 5件を表示

星が原あおまんじゅうの森 5 (Nemuki+コミックス)のその他の作品

岩岡ヒサエの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする