百鬼夜行抄 24 (Nemuki+コミックス)

著者 : 今市子
  • 朝日新聞出版 (2015年7月7日発売)
3.80
  • (10)
  • (26)
  • (12)
  • (1)
  • (2)
  • 本棚登録 :176
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・マンガ (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022141798

作品紹介

【芸術生活/コミック劇画】飯嶋律とさまざまな妖魔との出会いから生まれる、恐怖とユーモアを絶妙にブレンドした不思議絵巻。「薬指の契約」「影絵姫」「告げ口屋達の囁き」「母なる器」「ふさわしい道具」の5編を収録した、人気シリーズの最新刊。

百鬼夜行抄 24 (Nemuki+コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 律に就職のスカウトがきたお(笑)

    なんだかんだ言って人も妖も世話焼いてる律がかわいいのだ。

  • 今回も安定して面白かったです。
    「母なる器」と「ふさわしい道具」には女性の現実的な怖さが詰まってました。
    おんなのひとこわい。

    個人的には薬指の契約も好きかな。
    逆恨みじゃん!と言いたくなる感じが。

  • おおぅ、律は大学16年生か〜。
    でも卒業しても妖怪やら悪霊やらに、こうも頻繁に狙われ続けるんじゃ、まともな社会人生活は送れそうにないですね。青嵐も野放し状態だし。
    おじいちゃんを恨んでも良いと思うよ。。。

  • もうなんだか飽きてきた(^^;)
    だけどなんか面白いんだよねぇ。
    読了がクリアではないっていうか、もやもやした感じで終わるのがちょっと不快だけど、、それが闇ってやつですかねぇ。

  • 晶のキャラの大胆さって、やっぱり面白い。

  • この一家の普通の対応がすごい。

  • 律が大学生になって16年!怖!

  • 安定の不気味さ。
    妹…出来て欲しかったなw

  • 新刊が出るたびに欠かさず買ってる百鬼夜行抄シリーズ。
    相変わらずの独特の世界観、
    分かりにくいラストの今市子ワールド!!
    今回も読んでてアレって事が(ーヘー;)???
    でもそこが今市子さんの魅力なのかも?
    くり返して読んで分かる話のオチ(笑)

    しかし律が大学生になって16年の年月が…
    違和感なく読んでたよσ(^∇^;)ははー。

    祖父・蝸牛から妖魔を見る力を受け継いだ
    飯島律の摩訶不思議な出来事に遭遇する日常。

    今回は
    「薬指の契約」
    「影絵姫」
    「告げ口屋達の囁き」
    「母なる器」
    「ふさわしい道具」の5編。

  • 相変わらず、読みにくい。

全15件中 1 - 10件を表示

百鬼夜行抄 24 (Nemuki+コミックス)のその他の作品

百鬼夜行抄 24 (Nemuki+コミックス) オンデマンド (ペーパーバック) 百鬼夜行抄 24 (Nemuki+コミックス) 今市子

今市子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

百鬼夜行抄 24 (Nemuki+コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする