雨柳堂夢咄 其ノ十六 (Nemuki+コミックス)

著者 :
  • 朝日新聞出版
4.23
  • (9)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 73
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022141903

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 雨柳堂夢咄を読んで早23年!!Σ(- -ノ)ノ
    ①巻は平成5年だからなんと!!
    息子が生まれた頃から読んでる事になるよ
    凄いよ私ヾ(≧▽≦)ノ(笑)
    いつ読んでも不思議で優しいお話、
    骨董品屋の孫・蓮が結ぶ骨董に宿る声と人の縁。
    古き良き時代の骨董不思議因縁譚。
    読み切り8話。

    今回は奥様の気持ちの残像『おくりもの』と
    子供の七福神『なかきよのとおのねふりの』が
    印象に残った。
    大黒様の信玄袋の頭巾と焼き芋分の福(〃艸〃)ムフッ

  • 波津さんの作品では、やっぱりこの雨柳堂が一番好きです。今回も読み終わるのが惜しくて、ゆっくりゆっくり読んでいきました。低空飛行でいいので、ずっと続けて欲しいです。

  • 毎回、浸るわ~。
    おじいちゃん、男前じゃないですか!
    よいわ、よいわ(^m^)

    また、次を楽しみに、ちまちま読んでいよう。

  • このシリーズ、つくづく好きだなぁと思います。
    今回はなんだかほっとするようなお話が多かった印象。
    波津さんのツイッターがあれなのにはそんな理由があったのですね

  • どの話も後味が違って、面白かった。
    一冊で8つも話があるのに、似たり寄ったりにならないのが不思議。

    仙境にて
    おくりもの
    なかきよのとおのねふりの
    早蕨のころ
    神功皇后
    夏の風邪おくり
    乙女の祈り
    怪を語れば

全6件中 1 - 6件を表示

雨柳堂夢咄 其ノ十六 (Nemuki+コミックス)のその他の作品

雨柳堂夢咄 其ノ十六 (Nemuki+コミックス) オンデマンド (ペーパーバック) 雨柳堂夢咄 其ノ十六 (Nemuki+コミックス) 波津彬子

波津彬子の作品

ツイートする