黄昏ヘンテコ奇譚 (ソノラマ+コミックス)

著者 :
  • 朝日新聞出版
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022142863

作品紹介・あらすじ

新時代の連作ショートホラー、誕生?見白くんと灰谷くんは中学のクラスメート。ふたり過ごす放課後にはヘンテコな出来事がたくさん! たぬきが化けたポスト、折り鶴の群れ、願いが叶う不思議な箱……。夢が現実になったような出来事がひっきりなしに続く黄昏時、この世界の真実は? ”ヘンテコ”の正体とは? そしてふたりの心の行く末は……?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「居るか居ないかどっちがわくわくする?」

    ちょっとのグロとホラー。不思議というか奇妙というか、まさに「ヘンテコ」な怪異にまとわりつかれる登場人物たち。

    ストーリーはなにかを納得するような作りではなく、感覚で楽しむ的な、基本は読み切り作。

    絵はキレイで読みやすいのだけど、今の漫画ってこんなに1Pのコマ数少ないんだ!?と古の漫画読みとして思いました(笑)

    そして灰谷くんの立ち位置がよくわからず。
    見白くんをヘンテコ事象に誘ったり留めたり。そしてあのラストは…??

    いや、わかりますよなんとなくね。進まなくちゃいけないですよね。
    でもなんか慌ただしいんだよね、ラスト一作が。
    2巻くらいかけて落ち着かせて欲しかった気持ち。

    うーん、こういう「感覚で楽しむ」系の作品はわたしには向かないみたい。

全1件中 1 - 1件を表示

兎屋まめの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×