ことばの知恵袋 とっさの教養便利帳

  • 朝日新聞社 (2005年3月17日発売)
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • 21人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022220646

作品紹介

あなたの日本語力に磨きをかける"教養"が満載。

ことばの知恵袋 とっさの教養便利帳の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 教養と雑学の区別がよくついていませんが、朝日新聞社の知恵蔵編集部が手掛けた本だけに、「へえ、そうなんだ」と思える小ネタが詰まっています。

    まずは、古代ギリシアの第一級の数学者ピタゴラスと科学者アルキメデス。
    人類にとって大きな定理を発見した2人であり、陰謀とは縁がなさそうですが、意外にもどちらも暗殺という非業の最期を遂げたそう。

    「道楽」という言葉は、今でこそ仕事とは慣れた遊びという意味合いですが、もともとは仏教言葉で「修行で悟る楽しみ」を指し、趣味的な意味ではなかったとのことです。

    「にっちもさっちも」は「2割る2」も「3割る3」もできずに、行き詰まることを指すのだそう。

    「チクる」という言葉は、口(クチ)を逆にして動詞「る」をつけた、不思議な造語でした。

    ルンルンという表現は、「花の子ルンルン」から来ているそうです。
    逆かと思っていました。意外に新しい言葉だったのですね。

    知恵蔵ネタのピックアップでしょうか。楽しく読めました。

  • とっさの教養という印象よりは、雑学豊富という印象が濃い。さらに便利帳よりは確実に雑学辞典の色が強いと感じられる。内容は知恵袋と呼ぶに等しい。人物から建築物、英語、歴史幅広く網羅している。ちょっとした時間潰しに最適の書であろう。覚えるためではなく、遊び感覚で読んでいるうちに何となく…

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ことばの知恵袋 とっさの教養便利帳はこんな本です

ツイートする