仕事力

  • 朝日新聞社
3.53
  • (14)
  • (21)
  • (46)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 195
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022500366

作品紹介・あらすじ

建築家・安藤忠雄は言う。「判断を人に依存するな」全力疾走の面白さを気づいて、と。仕事にはレールがないことを自分の力は研げることを15人の仕事人が教えてくれる。「仕事力」は、無尽蔵だ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • それぞれの業界で、世の中をリードしていっている方々の仕事のやり方、向き方、考え方、語録などをまとた当本。

    文章の内容も去ることながら文章の量もちょうどよく、非常に読みやすく編集されていると思います。

    男性の予想よりもはるかに多面的に見ている女性。その悩みを考えた上での商品の作り方、仕事のやり方(塚本 能交氏)

    坐忘・・・古いものを捨てなければ新しいのもは入ってこないということ(禅の言葉)

    などなど、

    どれも非常に参考になる言葉の数々。
    その精神でやっていきたいし、やっていって欲しいと願うべきところである。

  • 様々なジャンルで活躍された著名人・企業人(?)たちの仕事論を集めたもの。やはりこの方たちの本気度は濁りない。

    働くことは自分のためでもあるがそれ以上に他人のためでないと続かない、働くことは自分の可能性を追求すること、働くときには自分の、会社員とか勤め人以外の思いや経験が役立つ…など、肝に命じたい内容が満載でした。

  • 読了。学者や芸術家の人達って話が面白い。その点、偉い社長さん達の話はなんだかな~。

  • 勘三郎さんかっこいい

  • ビジネス界で活躍している著名人の仕事感について記載された本です。

    大前研一、鈴木敏文、柳井正、松井道夫、林文子、稲盛和夫、安藤忠雄といった面子。なかなか豪華ですね。。。

    感想というより、印象に残ったことは以下のとおり。

    ・みな、自分なりの価値観をしっかり持っている
    ・行動的である
    ・批判されても自分を信じている
    ・仕事をお金を得るためだけでなく、自分の成長ととらえている

    特に最後のお金を得るだけじゃないこと。私はけっこう仕事をする理由は『お金をかせぐこと』と定義しているので、お金が高い会社があれば転職したい。と考えてしまう。。

    ですが、会社の風土や人材といった様々な要素があるので、今後仕事をしていく上でのファクター(決め手)について見つめなおそうと思いました。

  • 有名な本だからかもしれないが、どこかで読んだことのある様な文章が並んでいる気がしました。やはり、努力は必要なのだなあ、という当たり前のことを思い出させてくれる、そんな本でした。

  • 図書館1階の学士力支援図書コーナーでは、大学の建学の精神に基づいた図書を3つのテーマに分けて配架しています。
    ・アイデンティティを求めて
    ・いかに生きるか
    ・視野を広げる、世界を知る力

    この本は→「視野を広げる、世界を知る力」

    配架場所はこちら→http://libopac.josai.ac.jp/opac/opac_details.cgi?lang=0&amode=11&place=&bibid=2000009616&key=B129974232820351&start=1&srmode=0

  • 安藤忠雄、柳井正、中村勘三郎、稲盛和夫あたりが印象に残った。
    大きいことを成し遂げる人には、共通点がある気がするな。
    何をするにも、成功するには人並みはずれた努力が必要。

  • やる気のないときに読むとしゃきっとする。

    安藤忠雄氏やはり熱い!ぐんぐん体にしみこむ言葉だな~。
    可能性のない人はいないのに、その可能性に向かってとことん考える人が少ない。自分の可能性は自分にしか切り開けない。苦しくても自分で考え抜く。人に判断を頼らないで。
    35歳までに必死で80歳分までの勉強を。
    必死に全力疾走で勉強する。吸収できる年齢は35くらいまでと考えて自分をおいこんで行かないと本物の力にならない
    青春というのは60歳でも70歳でも目標を持って生きている時をさす
    感動しない人間は成功しないこの美術館を造りながらお互い青春を走ろう
    緊張感を持続させること

  • 成功者の今までに至る働き方をつづった本。
    どの成功者にもいえることは愚直にこつこつと。
    どんな困難にも立ち向かい乗り越えてきたこと。

    こつこつの大切さを再認識

全25件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デイル ドーテン
村上 春樹
朝日新聞社広告局
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

仕事力を本棚に登録しているひと

ツイートする