ネクロポリス 上

著者 : 恩田陸
  • 朝日新聞社 (2005年10月13日発売)
3.61
  • (200)
  • (291)
  • (531)
  • (25)
  • (11)
  • 本棚登録 :1681
  • レビュー :281
  • Amazon.co.jp ・本 (401ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022500601

ネクロポリス 上の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ミステリーとファンタジー要素が上手くマッチしていて、幻想的な中にしっかりとした軸があった。

    ある意味、死と隣り合わせで。不思議な雰囲気と恐れることのない死という概念の確立。

    次々と起こる事件に、登場人物達のそれぞれの推測。どの登場人物も面白く、終始物語に飽きることがなかった。


    ラストにかけてあっさりし過ぎたのは、前半がよかっただけに残念だった。


    それにしても、少し不気味な中にある、面白い設定のミステリーは素直に楽しめると思う。

  • アナザーヒルで毎年行われるヒガン。この時期には、かつて亡くなった人々が「お客さん」として戻ってくる。見ることも触れることも話すこともできる存在になる死者、彼らは決して嘘をつかないという。 厚い本だったのにおもしろくてぐいぐい読んだ。下巻もこれから読もう。

  • アナザー・ヒル ヒガン

  • 久しぶりに読みました。
    やっぱり世界観に引き込まれるなー。
    血塗れジャック、ミサーグ、テリー、メアリの夫、いろんな謎があって下巻も楽しみ。

  • 調子を掴むのに時間がかかりました。
    最後の数ページでようやく動きが出て来て、
    下巻に差し掛かり、面白くなって来たようです。
    ファンタジーなのかミステリーなのかサスペンスなのか今のところよくわかりません。

  • 何回目かの再読なのに惹きつけられる。やっぱりこの人ストーリーテラーだなぁ。盛り上げるのがうまい!

  • 下巻に記載

  • 世界観が面白い。

  • とにかく先が気になる。

全281件中 1 - 10件を表示

ネクロポリス 上のその他の作品

恩田陸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ネクロポリス 上を本棚に登録しているひと

ツイートする