自由訳 般若心経

著者 :
  • 朝日新聞社
3.63
  • (11)
  • (20)
  • (25)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 112
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (98ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022500786

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本で一番有名な仏教経典と言われる「般若心経」を、とても大胆に現代語訳したもの。インドから伝わった経典だけあって、ブッダによる古代仏教の思想が凝縮されている。私なりにまとめると、「(人も含めて)この世のあらゆるものは宇宙の構成要素であり、どれ1つ欠けても宇宙は宇宙として成立しない。だから、あなたも宇宙の構成要素の1つとして役割を果たせ」と言っているのだと解釈した。こういう論法、私は大好きなんだけど、悟りを啓いていない凡人がここまで割り切って生きるのは難しいよね…。

  • オリジナルな世界観を駆使して、般若心経の思想を伝えてくれた。

  • こういうアプローチの仕方もあるのかと。

    般若心経を良く知らない人も、知っている人にもおすすめ。写真も素敵な一冊です。

  • たいへん分かりやすくまとめられており、30分で読める。自由訳と母上のエピソードの2部構成。

    「『般若心経』が言わんとする教えのコンセプトを、逐語訳ではなく、映像的にわかりやすい言葉に置きかえた」あとがきに変えてより引用。

    【メモ】
    1.原因(因)+条件(縁)=結果

    2.「舎利子よ、もう一度言おう。
    こだわりを捨てて生きなさい。
    そして、いただいたいのちに感謝しながら自分の役割をはたしなさい」本文より引用。

    3.般若心経が説く空哲学は二つの考え方から成り立つ。
    ・色即是空〜形あるもの、ないもの(人の心など)世の中にある全ては移り変わるもの。永遠ではない。
    ・空即是色〜移り変わり、滅び去ってもまた、次の瞬間この世に生じてくる。

  • 2013年5月26日

    <han-nya shingyō>
      
    カバー写真/飯田信雄
    装丁/坂川事務所

  • 新井満さんの詩情で訳した般若心経は,お経になじみのない人々の心にも、すんなりと感動的に入ってくれるでしょうーー瀬戸内寂聴

  • 般若心経を学ぶ上で、いい本だと思います。自由訳とはいえ、心にしみ入る内容で記載されており、考え方が広がると思います。

  • 般若心経入門書として秀逸だと思います。綺麗なお写真とともに、シンプルに空の思想が描かれていて理解しやすかったです。この本は日本の仏教文化を知る上で手元に置きたい一冊ですし、何かあったら、読み仮名のついた般若心経を音読して心身ともに浄化出来るかも?しれません。

  • 般若心経って呪文的なものかと思っていたら、きちんと意味があって物語になってるんだ‥!とこの本で知りました。

  • 玄侑宗久さんのトークショーを聞いてきて、おもしろかったので。。。影響うけすぎ。。。(ρ_-)o

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1946年、新潟県生まれ。上智大学法学部卒業。電通入社後、音楽・映像プロデューサーとして活躍。1987年『ヴェクサシオン』で第9回野間文芸新人賞、1988年「尋ね人の時間」で第99回芥川賞受賞。作家活動以外に、作詞・作曲家、写真家、環境ビデオのプロデューサーとしても活躍中。

「2015年 『生きている。ただそれだけで、ありがたい。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

自由訳 般若心経のその他の作品

新井満の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
ロンダ・バーン
劇団ひとり
佐々木 圭一
冲方 丁
村上 春樹
小池 龍之介
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする