逆風を生きぬく革命者たち

  • 朝日新聞社 (2006年2月7日発売)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
  • 21人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022500823

逆風を生きぬく革命者たちの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ビジネスの成功者達の短編インタビューがたくさん載っている。
    ひとつ面白かったのは、同じ命題でも人によってまったく違うことを言っていること。経費削減のために「人員を減らすか、給与を減らすか」という課題に対して、「人は宝だ。社員一丸で頑張る」というひとと、「給与を減らせばモチベーションが下がる。人員を減らしてでも給与は減らさない」という人がいる。結局は、成功の方程式、みたいなものはなくて、それぞれの信念と状況とストーリーがあるんだということ。
    そうすると、自分にとってビジネス本とはなんなのかという話にもなる。小説的に、いろんな人の立場を知るという事自体も面白いが、それだけでなく、自分がいろんなことをやろうとしていて、でもなんかそのモチベーションがわかないときに、「よし!やろう!」と思わせてくれるのがこういうビジネス本なんじゃないかと思った。

  • 各業界の成功者たちの力強さを感じる。
    共通するものをあえて言えば、
    やっぱり、失敗を恐れず、力一杯全力で突っ走ること。
    思い込んだ道を進むことだろう。
    もちろん前提として、思考能力、考え抜くことはあるが、
    それも行動力がなければどうしようもない。
    強い意志があるからこそ、成し遂げられるのだろう。
    通常であれな、「そんなことできないよね~」
    だが、それをあえてやるのだ。
    高い志がなければダメなのだろう。
    あと感じるのは、常に相手に誠心誠意。自分のことは二の次。
    常にオフィスはきれいに。
    投資信託、儲けよりも、どんな会社か、どんな理念なのかが大事。
    本社があるいと言って被害者意識をもつ現場の人間もダメ。上を責める前に自分が動け。
    事実を集め、目の当たりで人に説明しないと、人は動かない。
    話は端的に、××頼む。なぜなら~というように。
    自分の意見はしっかり言え。

  • 【No.123】朝日新聞の土曜日の別刷り版の記事とまとめたもの。こういうシリーズはモチベーションがあがるので好き。「事故のあと、日常の悩みなんて何の意味もなく、すぐに解決できる自信がついた。もっと視野を広げて、自分のしたいことをどんどんやろうと思った」

全3件中 1 - 3件を表示

朝日新聞be編集部の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

逆風を生きぬく革命者たちはこんな本です

ツイートする