花を 若年性アルツハイマー病と生きる夫婦の記録

著者 : 真鍋弘樹
  • 朝日新聞社 (2005年1月12日発売)
3.40
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 10人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022500908

花を 若年性アルツハイマー病と生きる夫婦の記録の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 二組の夫婦の感情と価値観の揺り動きを通して、記憶とは何か? 認知とは何か? そして夫婦とは何か? と、問いかけてくる。二人、人気のいない電車でキスをした。そして、扉の振動で気づき人が流れ込んでくると、離れる。そして、また揺れる鉄箱で、二人きりになれば身を寄せ合う。そんな青春時代の思い出が、まるで現在の両夫婦を表しているかのようだ。

  • 朝日新聞社会面に掲載された記事に大幅、加筆、出版された本。「明日の記憶」を読んで、朝日の記事を思い出し、探してみたら本になっていた。若年性アルツハイマーへの理解を深めるために、もしかしたら自分のために、読んでほしいです。

全2件中 1 - 2件を表示

真鍋弘樹の作品

花を 若年性アルツハイマー病と生きる夫婦の記録を本棚に登録しているひと

ツイートする