「外向きサラリーマン」のすすめ

著者 :
  • 朝日新聞社
3.27
  • (1)
  • (2)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022500984

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 外向きに仕事する事にやりがいを感じ、仕事する事はすばらしい事だと思う。しかし会社では実際には内向きの仕事が多く、それで評価されて昇進していく人も多くいる。本当の成果主義を実践すれば、営業なら「外でどれだけ稼いでくるか」だろう、それを100%評価すれば大きな差がつく、日本の成果主義は完全に外向きを評価するものではないし、外向きだけの評価で問題はないのか?という疑問もある。究極の外向きは会社から離れて独立しかないのかもしれない。


  • ・仕事人と組織人
    ・慣習、文化
    ・成果主義は、組織内のゼロサム型
    ・未来工業は、残業ゼロ
    ・自分の仕事

    太田さんの本は、なかなか面白い!

    ト、2009.6.18

  • 2007/8/8購入。しばらく積読予定。。。

  • 成果主義、コンピテンシーといった一連の人事改革ブームの裏側がリアルに描かれています。会社に縛り付けようとする経営陣と市場に向き合おうとする一部の社員の構図が今自分の置かれている立場とリンクし、納得感を得つつ読むことが出来ました。良書です。

  • ようは上司にばっかりおべんちゃら行ってないで、「人として」社内外問わずに自分自身がどう接していけばよいか、といったテーマ。
    前置きが長いが、言いたいことは通じている。
    前職の同僚にぜひ読ませたい1冊。

全5件中 1 - 5件を表示

太田肇の作品

ツイートする