おでんの丸かじり (「丸かじり」シリーズ24)

  • 36人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (6)
    • (13)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
  • 朝日新聞社 (2006年2月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022500991

おでんの丸かじり (「丸かじり」シリーズ24)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 丸かじりシリーズその24。
    BSE問題で吉野家から牛丼が消えたのって、もう10年以上前になるのかぁ。恵方巻が全国区じゃなかったという事実に衝撃を受けた。ニユートーキョーのカミカツがすごくおいしそう。犬のケーキ屋さんには笑った。熊吉(笑)

  • 図書館の本 読了

    内容(「BOOK」データベースより)
    袋物のカンピョウはいつ食べるか、正しい「おでん」とのつき合い方―鍋の中をひとわたり見回して「エートね」で始まる怒涛の第24巻。

    じゅわー。外国語にはないかもね。
    座って食べるおでん、1500円の牛丼。このあたりが印象に残ってます。

  • シリーズ24冊目☆冷やしおでん食べたことなかったからこれを読んでなるほど納得。BSE問題で吉野家から牛丼が消えた時期でもあったんだね。懐かしい。

  • 静岡おでんは食べてみたいなぁ

  • 図書館で借りた

  • 「丸かじりシリーズ」24巻
    この中で一番気になったのが静岡のおでん。
    全部串にさしてあって、青海苔とダシ粉をかけて食べるんだそうな??
    うーー。どんな味なんだろーー

  • 最初から最後まで、
    ウンウン、とうなずいたり、
    クスクス、笑ったり。

    まったく言っていることはどれもこれも納得。
    でも、これはやっぱり発想のすごさを感じます。

    読みやすく、オススメ。
    実は、これ「丸かじり」シリーズ第24巻。
    24巻にして初めて読んだとは。
    早速、他のも読んでみよう。
    ちなみに、私のオススメは、
    「タンメン受け入れ態勢の行方」
    肉まん大好きの息子のオススメは、
    「中華カレーマンを自作する」

    そう、これは、小5の息子も楽しんで読めました。

  • ニュートーキョーのカミカツが喰いたい!

  • カテゴリ分けが微妙だな…とりあえず東海林さだおは天才だと思う。

全9件中 1 - 9件を表示

おでんの丸かじり (「丸かじり」シリーズ24)のその他の作品

おでんの丸かじり (文春文庫) 文庫 おでんの丸かじり (文春文庫) 東海林さだお

東海林さだおの作品

おでんの丸かじり (「丸かじり」シリーズ24)はこんな本です

ツイートする