『ワイド版』 街道をゆく 5 モンゴル紀行

著者 : 司馬遼太郎
  • 朝日新聞社 (2005年5月12日発売)
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :10
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022501059

『ワイド版』 街道をゆく 5 モンゴル紀行の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 街道をゆくの第5巻。今回はロシア・シベリア
    ハバロフスクからイルクーツク。
    モンゴル、ウランバートルから南ゴビ(草原・砂漠)。

    モンゴルのゴビにおいての雄大な自然や、日本人と
    近しい民族であるモンゴル民族の歴史は非常に興味深く
    よめました。
    また、モンゴルと中国の関係、とその結果と
    してのロシア・ソ連との関係と社会主義についても
    なるほどと思われることが多くありました。

    もう少しモンゴルというか中央アジアの騎馬民族に
    ついていろいろ読んでみようかと思います。

  • 1974年の単行本の再版(ワイド版)。司馬遼太郎が各地の「街道」を歩きながら、風俗や歴史・文化について語るエッセイ集。週間朝日への連載エッセイが基になっている。全43巻のうち、本書5巻は、司馬氏が若い頃から憧れていたモンゴルへの旅を収める。また、モンゴルにたどり着くまでの、旧ソ連での紀行も含まれる。「ハバロフスクへ」「イルクーツクへ」「ウランバートルへ」「ゴビへ」の4部構成となっている。特に意図したわけではないのだが、ちょうどモンゴル出身横綱・朝青龍の騒動が、連日テマスコミで取り上げられている。30年までのモンゴルと今のモンゴルとが同じかどうかは知らないが、本書を読めば、日本とはずいぶんよい意味で違った国なのだとよくわかる。もちろん横綱には日本の伝統も理解してもらわねば困るのだが。いずれにせよ、一度いってみたい国に、モンゴルが加わった。(2007-09-04に書いたものを転載)

全2件中 1 - 2件を表示

司馬遼太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
横山 秀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

『ワイド版』 街道をゆく 5 モンゴル紀行を本棚に登録しているひと

ツイートする