90年代の証言 小沢一郎 政権奪取論

制作 : 五百旗頭 真  薬師寺 克行  伊藤 元重 
  • 朝日新聞社 (2006年6月発売)
3.60
  • (3)
  • (3)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022501639

90年代の証言 小沢一郎 政権奪取論の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アマゾンで購入する。再読です。本人は疎外感を持っている。他人はエリートだと思っている。そのギャップが面白い。

  • 寡黙と言われる小沢一郎がインタビューにどんどん答える書。

    同じ人物かと思えるくらいに饒舌で、それぞれにそれなりの理由がある。90年代の豪腕や壊し屋といわれた同一人物とは思えない。

    いろいろなことを言われる人物だが、実際のインタビューに答えている姿が一番真実に近いような気がする。

  • 神戸大の五百旗頭さんだしね。

  • ここ15年余り政局の節目には
    必ず現れる小沢一郎。
    インタビュー形式でこの15年間の政界の動きと、
    小沢の一貫した意見がわかりやすく記してある。
    近著「豪腕維新」と共に読んでおきたい一冊である。

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小沢 一郎
読売新聞政治部
有効な右矢印 無効な右矢印

90年代の証言 小沢一郎 政権奪取論はこんな本です

ツイートする