ベラボーな生活―禅道場の「非常識」な日々

  • 79人登録
  • 3.46評価
    • (4)
    • (14)
    • (21)
    • (1)
    • (1)
  • 17レビュー
著者 : 玄侑宗久
  • 朝日新聞社 (2006年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022501929

ベラボーな生活―禅道場の「非常識」な日々の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私のお茶の先生も、
    京都の僧堂で修行されたことがあって、
    ときどきその時のお話をしてくださるん
    ですが、その話がつながって
    「なるほど〜」と思うことが多く、
    楽しませていただきました。

    玄侑宗久さんがユーモアたっぷりに
    書いてくださってるので笑えますが、
    実際にはとても苦しい修行なんだと
    思います。
    途中で逃げ帰ってきたというお坊さんを
    何人も知っていますが、
    とてもその方達のこと、
    笑えないなあと思いました。

    お坊さんというのは、
    とても特殊な職業ですが、
    日本人にとっては、やはり心の
    プロフェッショナル!
    頼りになる存在です。

    修行中、何度も自分の限界を超える
    苦しい大波、小波があり、それを
    乗り越えていく中で、
    ココロとカラダがいつの間にか
    整っていき、
    遠くのほうに光が見えてくるような
    感じなんでしょうか。

    厳しい修行を乗り越えて、
    これからも、たくさん心あるお坊さんが
    生まれてきてくださいますように! 合掌。

  • 雑誌?連載時に少し読んでいたか?
    うどん大好き(音を出して食べていい。他はタクアンでもダメ)
    永平寺の本を途中まで読んで放り出したのだが
    こういう生活で「悟り」は開けるのだろうか?

    日本酒を蒸発させる話
    カレー水の話など、食べ物の話題が記憶に残っている。

    天龍寺僧堂での生活を描く

  • 普段は知りえない禅修業の日々をエッセイ風に書いている。

  • 禅寺の生活が興味深い。厳しい中にも人間味あふれるしきたりや慣習があり僧侶と言えども人間だという当たり前のことにほっとする。

  • とにかく禅僧たちの暮らしぶりが浮世離れしていて、おかしいったらありません!

  • 著者の若い修行僧時代の青春記。
    まだまだ悟りきれない修行僧が、道場の厳しく激しい(?)生活の中から一つ一つ学んでいく姿がいいです。
    マンガ化希望!

  • 一度玄侑さんの本を読んでみたかったので。
    私は宗教に興味がないし、死後の世界というものも信じていないのだけれど、ハッとするような言葉があちこちに散りばめられていて面白い。

  • お坊さんの日常をかいまみれる一冊。今よりもすこしだけ身近に感じられるようになります。

  • 2010.4
    禅道場での修行の日々についてのエッセイ。
    心穏やかに暮らすということって本当はすごく難しいのかもしれない。

  • そ、そうなんだ。
    お坊さん達も大変なんだ…。
    と、この本を読んでしみじみ思いました。

全17件中 1 - 10件を表示

ベラボーな生活―禅道場の「非常識」な日々のその他の作品

玄侑宗久の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
和田 竜
伊坂 幸太郎
湊 かなえ
池井戸 潤
大野 更紗
ジェイムズ・P・...
三浦 しをん
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

ベラボーな生活―禅道場の「非常識」な日々はこんな本です

ツイートする