外交激変元外務省事務次官柳井俊二 (90年代の証言)

  • 朝日新聞社
3.50
  • (3)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 25
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022502650

作品紹介・あらすじ

戦後日本外交史を塗りかえた日々。湾岸戦争、カンボジアPKO、自衛隊を海外へ-。外務官僚トップが明かす外交の舞台裏。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 外交の世界というのはなにでも取引あるだから、大局的に考えれば領土が戻ってくる方が繊維よりも重要だった。
    外務省というのは軍t内的組織みたいなものだから、人事に抵抗してもろくなことはない。
    安保理改革というのは物凄く難しいテーマ。
    外交は長期的な国益を図る戦略と冷静な判断に基づいて行うべきだ。

  • 生まれ変わったらこういう職業もありかな。出来のいい頭ならね(・ω・)b

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

2017年5月現在ひょうご震災記念21世紀研究機構理事長、熊本県立大学理事長。

「2017年 『防災をめぐる国際協力のあり方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

五百旗頭真の作品

外交激変元外務省事務次官柳井俊二 (90年代の証言)に関連するまとめ

ツイートする