すぐ忘れる男決して忘れない女

制作 : 下村 満子  山田 睦子 
  • 朝日新聞社 (2007年4月27日発売)
3.24
  • (0)
  • (5)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :42
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022502896

作品紹介

男と女が同一であると考えるのではなく、もともと身体の作りが違っているという事実に目を向ければ、男女の間になぜ「溝」が生じるのかもよく理解できる。男女の脳が違っていることが分かれば、これまで分からなかったお互いの行動についても理解し合えるはずだ。本書は、男と女の本質的な差異について、徹底的にメスを入れていく。

すぐ忘れる男決して忘れない女の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 経験的によくある。男女のちがいを理解するのに役にたつかも。

  • 女性医学者が書いた、男女間の思考の違いとそれに作用するホルモンなどの話。
    少し残念なのが、うまくいかなくなった時の解決法を書いていないこと。

    ・恋愛の主導権を握るのは女性
    最初に明確なアプローチをするのは男性かもしれないが、それは女性から何度もちょっとした促しの合図を受けてから。
    実験によると、女性がちらっと男性を見てからでないと、男女の会話が始らなかった。

    外見よりもしぐさの方が恋愛の進行具合に影響を与える。

    ・喧嘩の原因が解決していたとしても、すぐに喧嘩をやめるのは、女性にとっては難しい。

    ・男性の心に伝わる話し方
    ①重要なので聞いてほしいと予告
    責め立てない優しい口調で。
    ②改めて一定の居地を置く
    話に共鳴してくれることに、感謝
    ③都合のいい時間を選ぶ
    ④他の事に気を取られているときは避ける
    ⑤ポジティブな発言から切り出す
    ⑥要求をはっきりと
    ⑦言わなくてもわかってくれると思わない。
    ⑧相手に合わせて、話の内容を選ぶ
    ⑨話はシンプルに
    ⑩脱線させない。
    特に喧嘩のとき
    ⑪聞こえた情報を無視しない

    ・パートナーに求めるものは変わる
    恋愛中は、自分を好意的に評価してくれるひとといたい
    既婚者は自分自身の自己評価を肯定してくれる人
    自分に対し、否定的な気持ちでいる時は、その気持ちに同調する人

    ・相手の落ち度について伝える時。
    まず、意見を求められるまで待とう。
    考えを聴いてこない時は、感じた事を述べていいか聞いてみる。
    拒否されたら、返事を尊重

  • 男だけの職員の職場は非常に気が楽であるけれど、やはり女性ボランティアが半数以上いるので、女性の職員も1人はいたほうがいいんじゃないかとこういう本を読むと思ったりする。

  • 女性が書いた脳科学

  • 男女間での、感情の行き違いがあったり、得意、不得意分野が、始めから違うのだという事実を受け入れなければ、いつまでも、平行線のままだという事がわかった。分泌されるホルモンによってストレスの感じ方にも関わってくるので、理屈の上では制御できない何かを認めるしかないのだろう。病気にまで発展してしまうような、膨大なストレスは抱え込まぬよう気をつけたい。記憶に関しては、エストロゲンの作用で、女性の方が優れているというのが興味深かった。いつまでも、過去の事を覚えていて、ああだこうだと蒸し返す傾向にあるのも、うなずけてくる。

  • 夫と話が合わない理由がわかってすっきりしました。

    借りた所:川崎市図書館
    借りた日:2007/10/02-2007/10/25
    読んだ日:2007/10/02-2007/10/25

  • 面白い!
    やっぱり男女で構造が違うんですね。
    お互いに、これを読んで理解する事は大切です!

全9件中 1 - 9件を表示

マリアン・レガトの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
内田 和成
ジェームズ アレ...
カイザー・ファン...
トルステン・ハー...
ロバート キヨサ...
大野 更紗
ウォルター・アイ...
タラ・パーカー=...
スティーヴン・D...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする