江戸は心意気

著者 : 山本一力
  • 朝日新聞社 (2007年6月7日発売)
2.60
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (1)
  • (2)
  • 24人登録
  • 8レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022502971

作品紹介

商人の知恵、職人の技、そして武家の誇り-したたかな江戸の気骨がそこにある!一力節が冴えわたる著者初の歴史エッセイ集。幻の掌篇小説二作も単行本初収録。

江戸は心意気の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読みやすいエッセイ。

  • 歩いてきた道を振り返ってみて、私は強く思う。不つきを磨けば、幸運の卵が出てくると 「江戸を学ぶ」ということは、学問としてではなしに自分が生きていく上で知恵として、また生きていくためのいい手段としての「江戸の心意気」を学ぶということです

  • 江戸の商人たち、庶民生活、財政などの他、著者自身(1948年高知県高知市生まれ)の生活体験なども含めて書かれているエッセイ。

  • タイトルと中身がミスマッチ。江戸時代の生活や風俗に焦点を当てたエッセイと思っていたが、単に雑誌に掲載したコラムの寄せ集めで、メッセージ性が乏しく、内容も薄かった。
    第一章の「江戸の商人たち」はアゴラに掲載されたコラムで、江戸の商売と今の金融業界の有り様を対比させていて秀逸。

  • 山本一力さんは、生き様を「仕事」を通じて描くのが得意だと思います
    男は少し不器用だけど「一本芯」が通っている・・・だけど、女の事には対応に間違いも起こします
    作者はkitano
    より10歳以上年上ですが、書かれている小さなころの環境が似ているかも知れません
    巻末に短編小説が2話あり、もうけもの!

  • 雑誌、新聞掲載の集載

  • 江戸の心意気に触れている部分は少ない〜江戸の商人達(小説のネタ)・江戸歳時記(江戸をネタにコラム)・江戸の空はあかね色(テーマの定まらないエッセイ)・陽を浴びた朝つゆ(現代ネタエッセイ)・江戸下町に学ぶ生きる知恵(講演)・掌編小説(超短編2)〜よく分からない・・・まっ,どうやって東京に出てきたか,小説家になるまで何をやってきたかは分かったけど

  • 前半は江戸時代の深川に居を置いた人々の有り様を描いたモノで、後半は、氏の経験を基にした人生について書き挙げたモノ。モノに因っては身に点く話があって感動を覚えた。これは、所謂、自己啓発本の類いになるんじゃないかな。講演会やらナントカセミナーで喋るような。

全8件中 1 - 8件を表示

江戸は心意気のその他の作品

江戸は心意気 (朝日文庫) 単行本 江戸は心意気 (朝日文庫) 山本一力
江戸は心意気 Kindle版 江戸は心意気 山本一力

山本一力の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

江戸は心意気はこんな本です

ツイートする