不器用

著者 : 野田聖子
  • 朝日新聞社 (2007年12月7日発売)
3.33
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 21人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022503329

作品紹介

『私は、産みたい』から3年。私はまた、ひとりになった-。流産、郵政造反、「刺客」との闘い、離婚…。再び注目の国会議員が語る真実。

不器用の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 289.1

  • 野田聖子ちゃんの苦労が綴られている。
    現代を生きる、働く女性に起こりえる苦労だと思う。

  • 読了 2008年 6月 (借:長崎県立図書館)

  • 国会議員の野田聖子氏が結婚、郵政造反、離婚までを語った書籍。軽い自虐的な口調が特徴ですが、等身大で苦労も多かった人生を語ってくれることは、まだまだ男性本位の日本社会では貴重かもしれません。

  • 政治家が、話し言葉でぶっちゃけ話を書いた選挙のための本。

    不妊治療についても郵政民営化についてもほとんど言及なし。

    「ぶっちゃけ話」ってどうしてウケがいいんだろう。
    政治家も、企業家も、芸能人も。
    有名人ブログなんてその典型な気がする。

    おもしろいけどね。
    でも、ちゃんと本質を見れる人間でありたいです。


    女性政治家の波乱万丈人生を知りたい人にはいい本。

全5件中 1 - 5件を表示

野田聖子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする