萩原延壽集1 馬場辰猪

著者 : 萩原延壽
  • 朝日新聞社 (2007年11月7日発売)
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 18人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (391ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022503497

萩原延壽集1 馬場辰猪の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 馬場辰猪って誰?と思った。
    「遠い崖ーアーネスト・サトウ日記抄(全14巻)」に流れる明治の空気に魅了され、萩原延壽の著作を追いかけて本書を手にとってみたが、明治10年代の自由民権運動の政治活動家は初耳だった。
    しかし敗北した政治家の悲哀さというか、1888年(明治21年)39歳アメリカで客死とは余りにも苛烈な生き方である。
    著者の作品は全て時代の空気が濃密に流れているが、本書は明治初期の政治ピラミッド地図の下層部分をじっくり観察する気分を抱いた。当然全編が暗い。カタルシスもない。しかし、明治憲法体制がなぜ必要とされたのかという明治日本の空気がわかる本であると思った。

    2017年4月読了。

全1件中 1 - 1件を表示

萩原延壽集1 馬場辰猪のその他の作品

萩原延壽の作品

萩原延壽集1 馬場辰猪はこんな本です

ツイートする