若松孝二 実録・連合赤軍 あさま山荘への道程

制作 : 「実録・連合赤軍」編集委員会+掛川正幸 
  • 朝日新聞社 (2008年2月20日発売)
3.87
  • (8)
  • (4)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
  • 63人登録
  • 7レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022503596

若松孝二 実録・連合赤軍 あさま山荘への道程の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • DVDを借りるのと同時に購入した。
    シナリオを一番読みたかったので、満足している。

  • 映画のパンフレットだけどすごい充実っぷり。千葉刑務所にいる吉野雅邦が今の心境を綴っている。これが一番の目的で手に取ったのだけど、刑務所だから検閲とかあるのかな、カタイ印象を受けた。やはり勇気がなかった、だれも止められなかった、というようなことを書いておられました。

  • 159

  • 映画のパンフも兼ねているのだろうが、とにかくこのガイドブックはかなりの読み応えだった。これだけで一級の資料本だ。

  • キミもまた覚えておけ
    藁のようにではなく
    ふるえながら死ぬのだ
    一月はこんなにも寒いが
    唯一の無関心で通過を企てるものを
    誰が許しておくものか・・・・・。

  • 「二度目は喜劇として」ところか悲劇喜劇とりまぜの総括にいたってしまった日本の学生運動(の一部)を知るのによい概説書になっている。学生運動の組織変遷図なども貴重かも。映画パンフとしては、あさま山荘以後に生まれたような若い役者を「赤軍派戦士」にしていく若松監督の手腕がすごい。同時代に生きていた年代にとっては、懐かしさや反省やこもごも、総括を要請される(^^;)気分になる社会史でもある。

  • とても勉強になった。
    映画はもちろん、この本すごいです。

全7件中 1 - 7件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ヘルマン ヘッセ
川上 未映子
三島 由紀夫
ヘミングウェイ
有効な右矢印 無効な右矢印

若松孝二 実録・連合赤軍 あさま山荘への道程はこんな本です

ツイートする