母に歌う子守唄 その後 わたしの介護日誌

著者 :
  • 朝日新聞社
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022503985

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  落合恵子のパワーはすごいと思う。お母様のための介護について自問自答する著者だが、これだけのことをしてもらえれば、お母様もきっと満足していることだろう。自分も母の介護については満足している訳ではないが、何も出来ないダメな自分は、母はどう思っているのだろう。
     
     S病院に入院していた頃、騒ぐ母をたしなめていたら、同室の見舞いの方が「話せるだけ良いです」と言っていた。本書を読むと、母などはまだ介護しているというレベルでは無いと思ってしまう。とは言え、介護する家族が抱える悩みは同じということも分かった。
     
     もう遅いと悔やむ、母に出来なった事は、次の人に教えてあげる事も母への介護と思うのは自己満足に過ぎないのか。

     介護する家族にもそれぞれの事情がある。著者が行った介護はすばらしいと思うが、自分にはそれは出来ない。
     

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

作家。執筆と並行して、東京と大阪で、子どもの本の専門店「クレヨンハウス」を主宰。おもな著書に『人生案内 自分を育てる悩み方』(岩波新書)、『母に歌う子守唄わたしの介護日誌』(朝日新聞社)、『絵本屋の日曜日』(岩波書店)など。翻訳書に「ぞうさん・ぶたさん」シリーズ(クレヨンハウス)、「とびっきりのともだち」(BL出版)など。

「2018年 『村じゅう みんなで』 で使われていた紹介文から引用しています。」

落合恵子の作品

ツイートする