文学の断層 セカイ・震災・キャラクター

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.56
  • (1)
  • (7)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 62
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022504081

作品紹介・あらすじ

1995年1月17日未明-阪神・淡路大震災の一撃がこの国の"リアル"に亀裂を入れた。虚構空間を多重化する「ライトノベル」、「おたく」「サブカル」「ヤンキー」たちの棲み分ける「小説」、「戦争」を描くセカイ系と成長をやめた「ニート」たち-新たな文学の地勢図を解き明かす、画期的文芸評論集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 間をおいて、再読を心掛けます。
    咀嚼が不足です。

  • 文芸の世界についておおまかに解説しています。
    ライトノベルの大きな流れやそこに抜け落ちている父性の問題など。

  • 「リア充」という言葉の語源と意味を知って以来、「リアル」という言葉を使うことに居心地の悪さというか、抵抗や躊躇いを感じるようになってしまった。
    インターネット上に展開するゲームの仮想空間などで、アイデンティティも際限なく変更可能な交信に「リアルな充実感」を感じ得る若者層には、どうしても共感が持てないから。
    現実を直視できずに逃避して、ヴァーチャルな世界に耽溺する事が、果たして本当の文化と言えるのだろうか?そんな疑問をかねてより抱いていたので、読んでみた。
    ネット文化によって普及・浸透した虚構空間を多重化するライトノベル又はオンライン小説、「おたく文化」と換言される類のアニメやマンガなどにも焦点をあて、いわゆるサブカルチャーが形成された社会背景とその受容のあり方が、精神科学的に論じられる。
    これらサブカルの増殖に対して、「病的」との印象が拭えないのは私だけだろうか。しかし、何が何故に「病的」なのか?今までに「健全」と言い得た時世など、あっただろうか?このように感じる根拠があるとすれば、現実社会から己を遮断して仮想の世界に喜びを見出す精神に、異常なまでの軟弱さを感じるからだろうか。自問すればする程、複雑になる。

  • 精神科医である著者が、ゼロ年代(主に)の小説を中心に、特に震災との関連について論じた書。
    医学用語などを時々説明を加えずに用いるため、やや難解ではあるが(まあ出てくる度に調べれば良いんでしょうが)東浩紀や大塚英志を足がかりとしてのラノベや脱格系ミステリについての議論は非常に興味深い。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1961年岩手県生まれ。医学博士。筑波大学医学医療系社会精神保健学教授。専門は思春期・青年期の精神病理学、病跡学など。

「2016年 『ひとはなぜ戦争をするのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

斎藤環の作品

ツイートする