リクルートの女性力 会社の「空気」は女で決まる!

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.35
  • (3)
  • (11)
  • (13)
  • (2)
  • (2)
  • 本棚登録 :82
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022504166

作品紹介・あらすじ

みんながここで働きたいと願い、みんなが成果を出せる「会社の空気」をつくること。これこそ、リクルートの女性力なのです。-リクルートの母が、ついに語る!人材を産みつづける「生命力の秘密」。やる気を成果に育てる「仕事力の法則」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やりたいことのためにワクワクと、納得感を持ってやらされていると思うこと無く仕事に取り組むこと。それがリクルートなのかなあ。女性が活躍する会社は社内の雰囲気も良いから、シナジーを起こして業績も上がっていく印象。

  • 思った通りパワーのある人たちの話。同じようにはできないけれど、気力の湧く一冊。

  • リクルートが女性も活躍している会社、というのは定評のあるところだけど、けっきょく女性が目立つというよりは男も女もなしにやらないと生き抜いていけない会社で、そこで残っている女性は必然的に優秀な方が多いって言うことなんじゃないかなと思う。創業当時と今とではだいぶ会社が求めてくるものも違うだろうけど、DNAはこういう人達が作ったんだな、ということがよくわかります。

  • リクルートの女性力がすごいことはわかったけど、そのすごさはどこからのものなのか、結婚や出産をどのように乗り越えたかなど「女性特有の制限」についてあまり触れられていなかった。なので、消化不良。

  • 自分の経験の範囲でも、リクルートの女性は総じてかなり優秀だと感じたので、過度に一般化できない面もあるとは思うけど、男社会となっている組織を変革していくヒントは多く得られたと思う。またリクルートのビジネスの成功要因を学ぶ上でも、具体的な事例が多く取り上げられており参考になった。

  • 女性が働くことについて真剣に考えたくて読んだ。
    女性がイキイキ幸せに働く一つの限界がここだと思った。
    結婚、出産、子育て…ギリギリのラインでやっても、ここまでなんだな。
    難しいです。

  • リクルートの良さがわかる一冊。
    働く女性の可能性、強みやロールモデルがたくさん詰まった内容。これから働く人にお勧めしたい。
    気になるのは、結果的にリクルートの風土を絶賛することにつながること。

  • 仕事柄、手に取った本。
    女性だって、女性だからこそ強い部分もある。
    そんな可能性を強く信じさせてくれる本。
    負けないぞう。

  • 同じ働く女性として共感出来るところが多くあった。

    特に「男性はずっと会社にいる前提で、長いスパンで思考する。女性は“今”の目標を達成するために、瞬間瞬間でかんがえる。」
    男性上司との会話で、自身が感じていた違和感はやはりどの女性社員も感じていた事なんだと納得。この立ち位置の違いを男女共に認識力していかなければキャリアプランを組むうえでも深いズレが生じてしまうだろう。

    また女性が成果を出す方程式は
    「大量の仕事」+「自分の納得」+「成長の実感」のサンセット。

    この本を読んで今いる場所で自分の力をどうしたら1番発揮出来るのかを考えるいいきっかけとなった。

  • リクルートのすごさはわかったけど、実生活に私は生かせないと思いました。

全12件中 1 - 10件を表示

福西七重の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
東野 圭吾
佐々木 圭一
松下 幸之助
有効な右矢印 無効な右矢印

リクルートの女性力 会社の「空気」は女で決まる!はこんな本です

リクルートの女性力 会社の「空気」は女で決まる!を本棚に登録しているひと

ツイートする