レバレッジ英語勉強法

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.36
  • (67)
  • (171)
  • (356)
  • (43)
  • (13)
本棚登録 : 1497
レビュー : 207
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022504234

作品紹介・あらすじ

「思考法」を変えれば、英語は短期間で確実に身につく!3カ月でマスターするか、一生やらないか-。選択次第で人生の「格差」が大きく開く。何度も挫折したけど、やっぱり英語を使いたい人に贈る実践書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 基礎に集中し、範囲をせばめるとレバレッジが効くという本田さんらしい英語勉強法の1冊。本のまとめ、ブログは以下に載せています。

    http://kashiwabaray.com/blog/index.php?itemid=42&catid=13

  • 英語の勉強は戦略をたてて、積極的に、集中して取り組むべき。自分はアウトプットをする機会が全然ないので、なにか方法を考えようと思った。 (オーディオブックで購読)

  • 英語を話せるようになるには,まずは偏った英語の勉強が必要とのこと,例えば,自分の趣味についての英単語100個とフレーズ20個くらいを暗記してそっから外人さんと話すことで恐怖心をなくすとか。日本人は完璧な文法を使おうとしすぎてるみたいなので,とりあえず表現を覚えて使ってみること。間違う恐怖に打ち勝ちましょう!

  • *英語とは投資アイテムではなく資本金である
    *英語が話せないと生まれる格差・・・情報格差、収入格差、時間格差、人脈格差、<span style="color:#ff0000;">楽しみ格差、思考格差</span>
    *偏った英語を勉強する
    *簡単な言い回しを徹底的に覚える

  • 目標を持って学習を始めないと、無駄な勉強をしてしまう。3ヶ月単位でサイクルを考え習慣化する。とか、いいこと書いてある。

  • 「アウトプット基準でインプット」というのが心に残った。即効性のインプット8割、遅効性2割。3カ月が勝負。1カ月60時間。

  • 本書のポイントは、時間という限られた資源を前提に、アウトプット、すなわちゴールイメージを明確に定めた上で、それに向けて必要なことを絞り込む=捨てることにポイントがある。
    しかもそのゴールイメージは、巷で言われているいわゆる「英語ペラペラ」というのとは異なり、ビジネスなど、範囲やシチュエーションを限定するというもの。すなわち、ゴールを限定することでインプットも自ずと限定される、そして、限定されたTO DOに全力を尽くすことで高い効果が生まれる(=レバレッジが効く)という発想である。
    「使える英語」を目指すという意味では、画期的なアイデア・スタンスと言えるかも知れない。

  • "「間違えたら恥ずかしい」というメンタルブロックを外す
    子供以下の初歩的な会話が「恥ずかしさ」を消し去る

    「この歳では遅い」という思考停止グセから脱出する

    インプットをしすぎるとレバレッジがかからない

    「目的地」を決めずにスタートを切らない。どうなりたいのか?

    ・偏った英単語100
    ・偏った範囲の言い回し20
    ・きっかけ語とあいづち語
    ・get,haveの使い回し単語
    ・同じ講師と週2回マンツーマン会話

    voice of america

    「自己紹介」を極めると会話力にレバレッジがかかる
    次の段階は講師に質問してもらうこと

    くだらない話でも自分から話しかける

    "

  • ・メンタルブロックを外すことが英会話の上達の近道か

  • ・ビジネスと日常生活に必要な英語は非常に限られた範囲のもの
    ・英語が出来ないと生じる6つの格差
    1.情報格差 2.収入格差 3.時間格差 4.人脈格差 5.楽しみ格差 6.思考格差
    ・正しい英語を話すという思い込みを捨てること
    ・英語勉強法の7つのウソ
    1.英語のシャワーを浴びる。(興味がないものは引っ掛かりがないので脳を素通りする)
    2.英語のテレビドラマ、映画を字幕なしで見る(字幕なしで理解できるのは同時通訳くらいの高レベル)
    3.とにかく英会話スクールに行く
    4.TOEICをうけてみる
    5.単語力をつければリスニングもスピーキングもOK
    6.中1に戻ったつもりで文法の教科書からスタート(まず話したい人は文法はすでにやった。と割り切るべき)
    7.思い切って留学する(基礎をマスターし、目的を明確にしない限り、留学は無意味)

全207件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役。シティバンクなどの外資系企業を経て、バックスグループの経営に参画し、常務取締役としてJASDAQ上場に導く。現在は、日米のベンチャー企業への投資育成事業を行う。 ハワイ、東京に拠点を構え、年の半分をハワイ、3ヶ月を日本、2ヶ月をヨーロッパ、1ヶ月をオセアニア・アジア等の国を旅しながら、仕事と遊びの垣根のないライフスタイルを送る。これまで訪れた国は50ヶ国を超える。 著書に、レバレッジシリーズをはじめ、「脱東京 仕事と遊びの垣根をなくす、あたらしい移住」等があり、著書累計250万部を突破し、韓国・台湾・中国で翻訳版も発売。

「2016年 『何を捨て何を残すかで人生は決まる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

レバレッジ英語勉強法のその他の作品

本田直之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スペンサー ジョ...
小山 龍介
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

レバレッジ英語勉強法を本棚に登録しているひと

ツイートする