レバレッジ英語勉強法

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.35
  • (68)
  • (176)
  • (363)
  • (50)
  • (13)
本棚登録 : 1585
レビュー : 215
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022504234

作品紹介・あらすじ

「思考法」を変えれば、英語は短期間で確実に身につく!3カ月でマスターするか、一生やらないか-。選択次第で人生の「格差」が大きく開く。何度も挫折したけど、やっぱり英語を使いたい人に贈る実践書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 基礎に集中し、範囲をせばめるとレバレッジが効くという本田さんらしい英語勉強法の1冊。本のまとめ、ブログは以下に載せています。

    http://kashiwabaray.com/blog/index.php?itemid=42&catid=13

  • 英語の勉強は戦略をたてて、積極的に、集中して取り組むべき。自分はアウトプットをする機会が全然ないので、なにか方法を考えようと思った。 (オーディオブックで購読)

  • 英語を話せるようになるには,まずは偏った英語の勉強が必要とのこと,例えば,自分の趣味についての英単語100個とフレーズ20個くらいを暗記してそっから外人さんと話すことで恐怖心をなくすとか。日本人は完璧な文法を使おうとしすぎてるみたいなので,とりあえず表現を覚えて使ってみること。間違う恐怖に打ち勝ちましょう!

  • これまでの本田さんのレバレッジ本とは少し趣が違っており、短時間で英語を習得する、の文字通りのものではなかったが、こういう習得の仕方もありなのかとは思った。狭い分野だけに特化してという部分で、その通りの教材があることは稀なので、それを作り出す作業がかなりの手間だなとは思った。

  • 英語
    自己啓発

  • Study

  • 英語とは投資アイテムではなく最低限もっているべき資本金

    英語ができないと生じる格差
    情報格差
    収入格差
    時間格差
    人脈格差
    楽しみ格差
    思考格差


    英語を自由に話したいなら正しい英語を話す思い込みを捨てる

    できない言い訳ではなくどうしたらできるかを考えるクセをもつ

    思考停止グセをやめて前進することと気合を入れて根性で頑張ることを混同しないこと→目的を明確にし、実現までを論理的に考えて習慣のように淡々とこなす

    インプットだけに必死にならず、アウトプットを上手に組み合わせる

    リスニングは遅効性

    即効性と遅効性は8:2

    偏った英単語を100個覚える

    偏った英語の言い回しを20個覚える

    getとhaveのフレーズはかなり役立つ

    覚えにくい単語はカード化

    単語数が少ないリスニング教材
    VOA

    英会話スクールは
    マンツーマン
    同じ講師
    週に2回
    偏った授業
    自己紹介を考える

    トーイックはマイルストーンとして活用

    3ヶ月を基本とし、忙しい人なら半年、最長でも1年で成果を出すと決めて取り組む

    ゴールを俯瞰逆算してスケジューリング

  • 自分の目的を決めそれに合わせた勉強をする。
    つまり目的地を決めずにスタートを切ってはいけない。
    そしてそれは偏った勉強法に通じる。(サーフィンやレストランといった分野をまず絞る。)

    参考図書で気になったものは以下。
    *たった72パターンでこんなに話せる英会話
    *英会話なるほどフレーズ100
    *ネイティブはたった100語で話している
    *日常会話なのに辞書にのっていない英語の本
    *日常英会話 はなしかけ&返事のバリエーションを増やす
    *ポジティブイングリッシュのすすめ
    *自分のことを英語で話すパーソナルワークブック

  • 英語は英語のまま記憶する。思考法を変えるというのはその通りだと思った。
    PCスキルのように語学力が必須になるのはホントにそうなるのかな? 喋ることは別として読めないのは弱みになるだろうな。

  • レバレッジ・シリーズの中では一番好きかもしない。
    英語の勉強方法だけではなく全ての勉強方法に通じることが描かれている。

全215件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役。シティバンクなどの外資系企業を経て、バックスグループの経営に参画し、常務取締役としてJASDAQ上場に導く。現在は、日米のベンチャー企業への投資育成事業を行う。ハワイ、東京に拠点を構え、年の5ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月を日本の地域、2ヶ月をヨーロッパを中心にオセアニア・アジア等の国々を旅しながら、仕事と遊びの垣根のないライフスタイルを送る。(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ。アカデミー・デュ・ヴァン講師。明治大学・上智大学非常勤講師。著書に、レバレッジシリーズをはじめ、『何を捨て何を残すかで人生は決まる』(小社刊)、『トップシェフが内緒で通う店150』(KADOKAWA)等があり、著書累計300万部を突破し、韓国・台湾・香港・中国・タイで翻訳版も発売。

「2019年 『50歳からのゼロ・リセット』 で使われていた紹介文から引用しています。」

レバレッジ英語勉強法のその他の作品

本田直之の作品

レバレッジ英語勉強法を本棚に登録しているひと

ツイートする