オチビサン 1巻

著者 : 安野モヨコ
  • 朝日新聞出版 (2008年8月20日発売)
3.89
  • (69)
  • (51)
  • (73)
  • (6)
  • (2)
  • 本棚登録 :507
  • レビュー :68
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022504647

オチビサン 1巻の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1〜4巻読了。
    オチビとナゼニとパンくいの四季。

    電子書籍で1巻だけ読んでましたが、気が付いたのが遅くて書店でなかなか見つからず。図書館で4巻まで見つけました。

    春夏秋冬オチビサン。季節の風物詩。景色や植物や食べ物などの色彩が鮮やかなオールカラーでうっとり見とれます。

  • 2017年5月26日に紹介されました!

  • 絵はキレイ。しかし話は『あたしンち』ほど面白くなく、『ひなちゃん』ほど癒されもせず。
    まあ売りは季節感なのかな?それは他の2作品に増してあると思う。

  • ほのぼので良い。
    新聞の連載っぽくなくて、新鮮だった。

  • 季節を感じながらほっこり毎日を過ごす、もの知りと食いしん坊とマイペースたちのお話。

  • 朝日新聞連載の「オチビサン」が単行本になっていることを知り、購入。かわいい装丁が心地いい。いま読み返してみて、オチビサンっていったいどういう存在なの?って思う。登場するキャラクターは、犬のナゼニとパンくいと猫の落書きジャックとおじい。おじいも世間を引退した人なので、みんな一般的な娑婆とは別世界に生きている。どこかそこに物悲しさを感じる。

  • ほっこりするよね!

  • おすすめしてもらって
    スクラップブック(!!)を貸してもらったまんが

    名前は知ってたけど絵が好きじゃないや〜と思って未読だったけど
    このまんがはとてもいい

    ということで単行本買っちゃった(^ε^)

    左がまんが
    右が英語訳

    外国人にもおすすめ
    ってコンセプト‥?

  • 可愛くてほんわかする。
    1ページごとに完結するので読みやすい。
    右側が日本語で左側が翻訳された英文なのも面白い。
    夜、寝る前にさらっと読むのに良かった。

  • オチビサン、買ってしまった。
    新聞で読み逃した週のも読めて満足満足♪

全68件中 1 - 10件を表示

オチビサン 1巻のその他の作品

オチビサン 1巻 Kindle版 オチビサン 1巻 安野モヨコ

安野モヨコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安野 モヨコ
オノ・ナツメ
安野 モヨコ
有効な右矢印 無効な右矢印

オチビサン 1巻を本棚に登録しているひと

ツイートする