イスラエル全史 上

制作 : 千本 健一郎 
  • 朝日新聞出版
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (522ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022504944

作品紹介・あらすじ

シオニズム運動、バルフォア宣言、ホロコースト…ユダヤ人の歴史と現在を克明に描く。イスラエル史の全貌。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ディアスポラ状態にあるユダヤ人にとってパレスチナにユダヤ人国家ができるニュースは米国シオニスト緊急評議会が宣言しgているように「世界史の中の画期的な事件」であり、これによって、二千年にわたるユダヤ人の祖国喪失に終止符が得たれた。

    ソ連圏はイスラエル建国後の直後はユダヤ人国家を好意的に見ていたがアラブ・イスラエル紛争では全面的にアラブ側を支援することにした。ソ連がアラブ世界で影響力にアラブ側を支持することにした。ソ連がアラブ世界で影響力を持てるようになったのは、ソ連がアラブ世界で手持ちの経済的、思想的に情報を使いきって戦った賜物である。

  • 上巻はほぼシオニズムに関する入植について書かれてあります
    原著者は半端でない量の一次資料の読み込みと聞き取りに基づき、この大著を練り上げたと思いますが、恐らくその殆どがイスラエル側のもので、公平性という点ではかなり疑問符がつけられます

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

イギリスの著名な歴史家で、チャーチルの公式伝記作家。著書80冊以上で、チャーチルの伝記6巻、同関連の著作11巻がある。邦訳に『第二次世界大戦』上下、『ホロコースト世界地図』、『アメリカ歴史地図』など。

「2018年 『チャーチルは語る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マーティン・ギルバートの作品

ツイートする