セゾン文化は何を夢みた

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.67
  • (6)
  • (18)
  • (11)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 140
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022505385

作品紹介・あらすじ

二十代の日々をセゾングループの一員として過ごした著者による"あの時代"のカルチャークロニクル。私たちは、何を得て、何を失ったのか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • バブル時代にもてはやされた「メセナ」という企業文化の功罪。前提としての堤家の因縁(横溝正史風)。堤氏は何を考えていたのか、何を感じていたのかを近づけそうで近づけない距離から模索する一冊。
    あの時代の空気をギリギリ十代のうちに感じることができたことはその後の自分に与えた影響を考えると、本当に価値があったと思う。そしてもっともっと体感すればよかったとの後悔もある。

  • 堤清二って、不思議な経営者なんだなぁ

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784022505385

  • 辻井喬が消費社会に対する卓越した先見性を持っていたことは本書を読めばはっきりとするのだが、わからないのは「セゾン文化」とまで称されるにいたったイメージ戦略を構築しながら、なぜセゾングループが他の百貨店に先駆けていち早く転落していったのか、だ。無印良品という遺伝子を残したことでよしとするのか。

  • 大学入学を機に上京し、以来西武百貨店、リブロ、コミュニティカレッジ、イルムスといったセゾン系にお世話になったもんで、楽しく、割とスリリングに読みました。ここに書かれている時代よりずっと後になってからのことですが、へえ、そんな時代があったんだ、という印象です。

  • 西武文化とは無縁です。僕の地域には西友があります。西武優勝バーゲンぐらいです。それは、鉄道であり、セゾンではありません。ラジオで紹介されていたので、購入しました。面白かったです。ただし、大満足というわけではありません。焦点を絞るべきではなかったのか。例えば、展覧会に関する部分です。フリーの評論家がコミットできた唯一の美術館だった。公立の場合、学芸員が独占します。西武の場合、素人でした。そのため、外部の評論家に頼らざるえませんでした。これ自体はいいのです。問題はここからなのです。一つの展覧会に絞ってかけなかったのでしょうか。そうすれば、予算も伝説であることがわかります。入場者数もわかります。堤清二さんのインタビューは長すぎるかな。そんなところです。

  • 西武解体とともに泡と弾けたセゾングループが行った「文化事業」、セゾン文化について、自身もセゾングループの一員であった著者が、様々な人たちにインタビューをし、「セゾン文化とはなんだったのか」を考える本。

    戦後復興、安保闘争、経済成長からのバブル景気、なんかは全部つながった日本の出来事で、それによって文化は成り立っていくもんなんだなあ、とか感じられて面白かったです。
    左翼的志向から文化教育方向に動くってのは、当時の知識人としてはまあ常識的な動きであって、
    今現在、それが全く理解できないことをとても不思議に思う。
    政治とか志向しちゃいけないって決まりがあったかのようだよな、俺ら世代のこの政治と思想についてしゃべらなさって。

    調子にのって内容とあんまり関係ないこと書きましたが、俺はこの本読んでそんなこと考えました。

  • 自分は、バブルの記憶もなく、セゾン美術館閉館の年(1999)に上京した人間なので、直接その時代を知らない。しかし、東京で暮らすうち、セゾン文化を出自とする先人の多さに驚き、本書を読んでみた。
    登場するアーティスト・文化人の顔ぶれに、まず、圧倒される。堤清二個人をなしに、セゾン文化は生まれなかったが、セゾン文化自体は様々な思惑を持ったそれぞれが勝手に形成していた、という理解で良いだろうか?
    また、企業が営利以外で社会に働きかける事の是非についても考えさせられる。企業が文化活動をする事が、いかに困難を伴うか……。「直接お金を生まないものに対する感情──嫉妬と羨望と軽蔑と憎悪」があった事を指摘する記述が印象に残った。

  • 西武美術館(池袋店12F)は博物館法を適応される正式な博物館ではなかった
    1989 別館1,2Fに セゾン美術館に解消 博物館法にのっとった公式な美術館となる
    堤さん パルコの増田さん 百貨店の紀国憲一さん

  • 今は失われてしまったけれど、たしかにそこに存在していた何か。
    そういうものに心惹かれて手に取った一冊。

    当時のセゾン文化を知るには私は幼かったけれど
    それでも、母に連れられて池袋西武をぐるぐると廻った
    記憶はあったなぁと振り返る。

全20件中 1 - 10件を表示

プロフィール

フリーライター。1958年北海道生まれ。書店勤務の後、編集者を経て、フリーのライターに。「哲学からアダルトまで」を標榜し、幅広い媒体で取材・執筆・講演活動をおこなう。近著に、『東大VS京大入試文芸頂上決戦』(原書房刊)、『日本の時代をつくった本』(WAVE出版)。弊社からは『そうだ、京都に住もう。』を2010年に刊行。

セゾン文化は何を夢みたのその他の作品

永江朗の作品

ツイートする