決定版! 名字のヒミツ

  • 44人登録
  • 3.08評価
    • (1)
    • (2)
    • (8)
    • (1)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 森岡浩
  • 朝日新聞出版 (2009年7月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022505477

作品紹介

これ一冊で、日本人の名字のすべてがわかる!名字は江戸時代以前からあった。東国原は鹿児島県の地名だった。あなたの名字のルーツは?地域によって名字はこんなに違う!こんなに珍しい名字があった!佐藤さん、鈴木さんから四十九院さん、小鳥遊さん、四十物さんまで、いろいろな名字が大集合!最新版!日本人の名字ベスト100。

決定版! 名字のヒミツの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自分の名字がどのような歴史を持っているのかわかる。他にも世界の名字(ファミリーネーム)事情も。

  • 名字は面白い

  • 小鳥遊で、たかなし。
    月見里で、やまなし。
    臥龍岡で、ながおか、て。
    日本人の洒落心に完敗だね。

  • 名字に関しての雑学集。古代からの歴史に触れるところもあり、へぇと思うこともしばしばです。名前は文化として、大切にしたいな。

  • 身近だけれどいまいち知らない「名字」のあれこれをさくっと気軽に学べる一冊だ。
    名乗れなかっただけで町民や農民も昔から名字を持っていた、という話や、加藤の由来は「加賀の藤原氏(末裔)」だとか、偉い武将さんが転地してくると同じ名字を名乗れないのでまわりの家がこぞって改名した、とか、へええ、という豆知識が満載。
    自分の名字はどこがルーツだろう、と考えるのも楽しい。名字ひとつから様々な推測をすることができるのだ。
    世の中には肥満や我慢や、変わった名字を持つ人もいるんだなぁと感心したり、ちょっとした話の種にちょうどいい。

  • 最近多い名字のひみつの分かりやすい解説書的な本です!裏話が面白かった。

  • 誰が持っている名字は、一体どのような所からきたのか。
    昔、性と名字と氏はどう違うのか。
    そんな内容です。

    多いと噂されている佐藤にも鈴木にもあった事がありませんが
    自分の名字と同じ人にもあった事がないです。
    ルーツが分かる、と書かれていましたが…自分のはさっぱり。
    そういえば、途中で漢字を変えた、というのは聞いた事があります。

    色々書かれていて面白い上に、難解名字も載っていて
    ちょっと面白いです。

全7件中 1 - 7件を表示

森岡浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

決定版! 名字のヒミツはこんな本です

ツイートする