地取り

著者 :
  • 朝日新聞出版
2.60
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 34
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022505910

作品紹介・あらすじ

下北沢の一戸建の別々の部屋で血まみれの男女が倒れている、との一報を受けた警視庁捜査1課殺人犯捜査第15係の釜本巡査部長が現場に到着すると、65歳の父と19歳の娘が刺殺されていた。凶器は刃の長い刺身包丁で被害者宅のものではない。犯人の動機は、怨恨か、窃盗か?釜本はさっそく地取りを開始する…。マスコミ各紙誌で絶賛された『警視庁捜査一課刑事』の著者の小説デビュー作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2017_12_13-110

  • タイトルからして専門用語だし、他で今まで読んだことがないほどに警察内部の様子が克明に描写されていて、なんだこの小説と思ったら、著者は元本職でした。

    いわゆる小説家が書いた小説とはあきらかにレベルが違い、一線をはるかに超えて、警察の内部の世界がありえないくらい惜しげもなく披露されている。物語の核となる事件自体には、奇をてらうトリックも、心を動かされるような人間模様もほとんどない。ただの、と言ったら不謹慎かもしれないが、平板な殺人事件。読ませるのは、時間を追って描写される、警察内部の捜査の進め方、それと主人公の「部屋長」の刑事としての心理の動きのみである。

    つまりくどいようだが、エンターテインメントの部分が、トリックとか人間模様とかそういう部分にはないといってよく、ひたすらリアルで限りなく現実に近い、ふだん一般人が知ることのできない刑事事件捜査の内部世界が丹念に披露されている、ところにあることが、この小説(まるでドキュメントだが、それでもあくまでも小説は小説ではある)のエンターテインメント性である、というところが面白い、のかも。

  • あまりのつまらなさに久々の挫折・・。
    字も大きく、素人の作文レベル。

  • 警察の内部の動きが詳細でよかった、さすが元刑事が作者だなと思う。

    内容は複雑なトリックがあるわけでもなく。リアルには近いのかな。

    セリフが臭いのが気になるし、近頃の若者は的な説教臭いのも気になる。

  • 1FI最下奥

  • 筋というより解説本として読みごたえありw #読書

  • zasetushimashita・・・。

  • 中堅刑事?さんを中心に地位とか捜査とか結構細かい話し。
    嫌いではないんだけど、事件の内容重きというよりかは警察内部の動き?みたいな感じがメインだった…

  • 通常の警察ミステリとは少し趣が違う。作者の前身が警察官ということが作品に与える影響は、プラスマイナス両方あるように思える。
    プラス面。これはもう圧倒的なディテ−ルの細かさだろう。事件前の待機期間から、捜査、解決に至るまでの一連の流れは丁寧で細やか。本作品はそれぞれの“役割”に重きを置いてあり、その現場にいた者しか知りえない温度や匂いといったものが行間から伝わってくる。しかも、小難しい表現は一切なく、簡素に要約してあるので大変読みやすい。
    マイナス面というか少し気になったのは、キャラに作家の意見を代弁させるシーン。ただこれは、言ってることも正論だし、読んでて不快に感じることはないのだが、あまり多くなると作中のエンタメ要素が損なわれ、読者に無駄な緊張を強いる小説になりそうな気もする。
    ミステリとしての伏線の使い方も巧いし、贅肉のないスリムな筆致と流れのあるストーリー展開を見ても、作家としてのレベルは高いと思う。小説デビュー作としては上出来なのでは。今後は、自身の経験と題材がいかにうまく結びつくかがポイントになりそう。

全9件中 1 - 9件を表示

地取りのその他の作品

地取り Kindle版 地取り 飯田裕久

飯田裕久の作品

ツイートする