フルタの方程式(DVD付)

著者 : 古田敦也
  • 朝日新聞出版 (2009年9月18日発売)
3.66
  • (9)
  • (11)
  • (15)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :113
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022506313

フルタの方程式(DVD付)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [2016.17]古田さんがキャッチャーの視点で、野球の試合について書かれた本。
    ボールカウントごとの、ピッチャーとバッターの心理と、それを踏まえてのキャッチャーの配球については非常に勉強になった。
    また緻密なデータによる、裏付けもあって説得力がある。
    キャッチャーって、頭の回転が速くないとできないな...

  • 大人向け。

  • 捕手の技術本というのは珍しい気がする。

  • 自分自身は野球を実際にプレーすることはないのですが、キャッチャーの技術面がとてもわかりやすく書かれています。
    配球のところなどは、とても興味深く、今後野球観戦する際にはボールカウントを意識してみようと思います!

  • 人の心が読める能力を持った捕手と、ノーコン投手、それに気付いた天才打者。…みたいなプロットの小説があれば面白そうだな、と。

  • 経験者が読むと、とても読みやすい作品。
    もう一度キャッチャーをやりたくなる。

    ただ、これを初心者に読ませるとなると、少し言葉が足りない気がする。それは映像でカバーできていると思うが。
    捕手を教えることのできる指導者は少ない現状で、指導者にとってはかなり参考になる。ただ、どんなハウトゥー本であっても参考にすべきであって、鵜呑みはいけない。いいものだけを取り入れて指導力を磨いていく必要がある。

    そんな印象を受けた作品でした。

  • ザ・バイブル。もう一回野球をやろうと思ったときに、キャッチャーを任せれ、手にとった一冊。
    言い訳が許されるのなら、もともと僕はキャッチャーじゃない(外野→ファースト→セカンド→ピッチャー)。世に言う「ケガの光明」というやつで、小学時代に肘を痛めてからの急造キャッチャーだった(今思えば、どんなコンバートだよ(笑))。結局今まで全ポジション、全打順を経験することになったわけだけど、それでもやっぱりキャッチャーへの思い入れは強かったようだ(あれ?)。
    中学の時に気づいたんだけど、僕のセカンド・スローイングの際のステップは一般的なものとは違って、バック・ステップ(その場で腰を切り返す)だった。そしてそれは古田さんと同じスタイルでもあった。
    だったらその時から現役の古田さん見て、参考にしてればな……と、思いつつ。出会ったのがこの一冊。パワプロ的には肩力+1、守備力+2、エラー回避率+2、10%の確率でキャッチャー○的な。目からウロコがたくさん、読んだその日から実践できて、レベルアップ間違いなしの内容です(ぜひ、付属のDVDも観て)!!

  • キャッチャーをやっているものとして、かなり勉強になりました。

  • 人気テレビ番組が本になったものです。
    プロ野球を代表する古田敦也が現役時代に実際にやっていた捕手の構え方やスローイングの技術、練習方法、配球理論などといった上手くなるための技術を明かした一冊です。古田さんの師匠である野村監督に負けないくらいの精神論・技術論などが細かくわかりやすく書いてある。私は古田さんの技術論を見聞きして野球の練習に励みました。
    野球をしている人もそうですが、それ以外の人にもお勧めできる本です。

  • テレビでもやっているのを本にしたものです。とても面白いでです。野球をやっていた人ならとても楽しめる本だと思います。分かる人にはわかる本です。

全14件中 1 - 10件を表示

古田敦也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
冲方 丁
落合博満
金子 達仁
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

フルタの方程式(DVD付)を本棚に登録しているひと

ツイートする